岸田劉生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岸田劉生の自画像。

岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 - 1929年12月20日)は、大正昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香

来歴・人物[編集]

1891年(明治24年)、明治の先覚者、岸田吟香の子として東京銀座に生まれる。弟はのちに浅草オペラで活躍し宝塚歌劇団の劇作家になる岸田辰彌東京高師附属中学中退後の1908年(明治41年)、東京の赤坂溜池にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事した。1910年(明治43年)文展に2点の作品が入選している。

1911年(明治44年)『白樺』主催の美術展がきっかけでバーナード・リーチと知り合い、柳宗悦武者小路実篤ら『白樺』周辺の文化人とも知り合うようになった。劉生自身生前は『初期肉筆浮世絵』、『図画教育論』や、没後に出された随筆『美の本体』(河出書房)、『演劇美論』(刀江書院)など、多くの文章を残し、これらは『岸田劉生全集』(全10巻、岩波書店1979年1980年)にまとめられた。

1912年(明治45年)、高村光太郎萬鉄五郎らとともにヒュウザン会を結成、第1回ヒュウザン会展には14点を出品した。これが画壇への本格的なデビューといえる。(なお、ヒュウザン会展は2回で終了し、1913年(大正2年)の第2回展ではフュウザン会と改称していた)。劉生の初期の作品はポスト印象派、特にセザンヌの影響が強いが、この頃からヨーロッパのルネサンスやバロックの巨匠、特にデューラーの影響が顕著な写実的作風に移っていく。

1915年(大正4年)、現代の美術社主催第1回美術展(第2回展以降の名称は「草土社展」)に出品する。草土社のメンバーは木村荘八清宮彬中川一政椿貞雄高須光治河野通勢らであった。草土社は1922年(大正11年)までに9回の展覧会を開き、劉生はそのすべてに出品している。大正4年に描かれ、翌年の第2回草土社展に出品された『切通しの写生(道路と土手と塀)』は劉生の風景画の代表作の一つである。

1917年(大正6年)、結核を疑われ、友人武者小路実篤の住んでいた神奈川県藤沢町鵠沼の貸別荘に転地療養の目的で居住(結核は誤診だといわれる。庭に土俵を設け、来客と相撲に興じた)。1918年(大正7年)頃から娘の岸田麗子1914年1962年)の肖像を描くようになる。

1920年(大正9年)、30歳になったことを期に日記をつけはじめ、『全集』の一部や『劉生日記』(全5巻、岩波書店、1984年)にまとめられている。没するまでの幅広い交友関係が窺われる。劉生を慕って草土社の椿貞雄や横堀角次郎も鵠沼に住むようになり、中川一政らのように岸田家の食客となる若者もいた。1923年(大正12年)、関東大震災で自宅が倒壊し、京都に転居し後に鎌倉に居住。この鵠沼時代がいわば岸田劉生の最盛期であった。劉生の京都移住に伴い、草土社は自然解散の形になったが、劉生を含めメンバーの多くは春陽会に活動の場を移した。

1929年(昭和4年)、南満州鉄道(満鉄)の招きで生涯ただ一度の海外旅行に出かけ、大連奉天ハルビンなどに滞在する。帰国直後、滞在先の山口県徳山(現・周南市)で尿毒症のため死去する。38歳の若さであった。墓所は多磨霊園にある。

当時から潔癖症で知られており、汚物が腕に付着したことがあった時には「腕を切り落とせ」と言い張り、周囲を困惑させたことがある。 また、癇癪持ちで気に入らないことがあると当り散らすなど、社交的とはいい難い人物であった。 晩年までパリに行くことが願望であったが、「パリに行った暁には、フランスの画家に絵を教えてやる」などと豪語していた。

代表作[編集]

道路と土手と塀(切通之写生)
童女図/麗子立像(1923年,神奈川県立近代美術館)

関連項目[編集]

関連人物[編集]

著作文献[編集]

  • 『岸田劉生全集』 全10巻、岩波書店、1979-80年
  • 『劉生日記』 全5巻、岩波書店、1984年
  • 『摘録劉生日記』 酒井忠康編/岩波文庫、1998年
  • 『岸田劉生随筆集』 酒井忠康編/岩波文庫、1996年
  • 『劉生絵日記 新訂版』 全3巻、龍星閣 
  • 『岸田劉生美術思想集成』 前篇・後篇 書肆心水、2010年

作品紹介[編集]

  • 『岸田劉生 内なる美』 二玄社、1997年
  • 『岸田劉生 独りゆく画家 別冊太陽 日本のこころ』 平凡社、2011年、酒井忠康監修
  • 『岸田劉生 新潮日本美術文庫』 新潮社、1998年
  • 『岸田劉生 アサヒグラフ別冊 美術特集日本編』 朝日新聞社

外部リンク[編集]