野島康三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野島 康三(のじま やすぞう、1889年2月12日 - 1964年8月14日)は、日本の戦前期を代表する写真家のひとり。埼玉県生まれ。特に、ポートレイトヌード写真に長ける。 初期のピクトリアリスムの重厚な絵画的な作品から、のちにストレートな表現に移行した。

経歴[編集]

1919年に東京神田神保町に「兜屋画廊」を開廊し、各種展覧会(旧フュウザン会、日本創作版画協会の作家など)を開催(同画廊閉廊後は、自邸にて)するとともに、美術家たちへの資金的な援助も行った。

東京写真研究会でも活躍。

1932年に中山岩太木村伊兵衛とともに雑誌『光画』創刊。1939年には国画会に福原信三とともに写真部創設などの活動を行う。

代表作[編集]

  • 「細川ちかこ氏」(1932年)-極めて大胆なトリミングにより、顔の右半分と頭を断ち切り、むしろ、顔に当てた左手を中心に据えたようなポートレイト。

主要参考文献[編集]

  • 「野島康三とその周辺 日本近代写真と絵画」展図録/渋谷区立松濤美術館・京都国立近代美術館/1991年
  • 「野島康三とレディス・カメラ・クラブ」展図録/渋谷区立松濤美術館/1993年
  • アルフレッド・スティーグリッツと野島康三」展図録/東京国立近代美術館/1997年
  • 野島康三(日本の写真家・第4巻)/岩波書店/1998年
  • 渋谷区立松濤美術館所蔵 野島康三と資料集(渋谷区立松濤美術館、2009年)
  • 野島康三写真集(赤々舎、2009年)

主要展覧会[編集]

  • 生誕120年 野島康三展 ある写真家が見た日本近代(京都国立近代美術館・2009年7月28日(火)~8月23日(日))
  • 生誕120年 野島康三−肖像の核心展(渋谷区立松濤美術館・2009年9月29日(火)~11月15日(日))

関連項目[編集]