谷文晁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷文晁自画像 40歳頃
谷文晁像(最晩年) 遠坂文雍

谷文晁(たに ぶんちょう、宝暦13年9月9日1763年10月15日) - 天保11年12月14日1841年1月6日))は、江戸時代後期の日本の画家

は正安。はじめは文朝・師陵、後に文晁としも兼ねた。 通称は文五郎または直右衛門。別号には写山楼・画学斎・ 無二・一恕。薙髪して法眼位に叙されてからは文阿弥と号した。江戸下谷根岸の生れ。


生涯[編集]

出自[編集]

石山寺縁起絵巻 第6巻(部分)
石山寺縁起絵巻 第6巻(部分)
石山寺縁起絵巻 第7巻(部分)
石山寺縁起絵巻 第7巻(部分)

祖父の本教ははじめ下役人であったが経済的手腕に優れていたため立身し民政家として聞こえ、田安家に抜擢され治績を残した。父麓谷も田安家家臣となり漢詩人として名を知られた。このような文雅の家系に育った文晁は文才を持ち合わせ、和歌漢詩狂歌などもよくした。菊池五山の『五山堂詩話』巻3に文晁の漢詩が掲載されている。

画業[編集]

木村蒹葭堂像

12歳の頃 父の友人で狩野派加藤文麗[1]に学び、18歳の頃 中山高陽の弟子 渡辺玄対に師事した。20歳のとき文麗が歿したので北山寒巌 につき北宋画を修めた。鈴木芙蓉にも学んだとされるが確かではない[2]。その後も狩野光定から狩野派を学び、大和絵では古土佐琳派円山派四条派などを、さらに朝鮮画西洋画[3]も学んだ。26歳の時長崎旅行を企て、 大坂木村兼葭堂に立ち寄り、釧雲泉より正式な南画の指南を受けた[4]。木村蒹葭堂の死後、その死を悼み遺族に肖像画を贈っている。長崎に着いてからは張秋谷に画法を習い一月余り滞在した[5]古画模写写生を基礎にし、諸派を折衷し南北合体の画風を目指した。その画域は山水画花鳥画人物画仏画にまで及び画様の幅も広く「八宗兼学」とまでいわれる独自の画風を確立し、後に 関東南画壇の泰斗となった。

仕官[編集]

26歳で田安家に奥詰見習として仕え、近習番頭取次席、奥詰絵師と出世した。30歳のとき 田安宗武の子で白河藩松平定邦の養子となった松平定信に認められ、その近習となり定信が隠居する文化9年(1812年)まで定信付として仕えた。寛政5年(1793年)には定信の江戸湾巡航に随行し、『公余探勝図[6]を制作する。また定信の命を受け、古文化財を調査し図録集『集古十種』や『古画類聚』の編纂に従事し古書画や古宝物の写生を行った。また「石山寺縁起絵巻」の補作を行っている。 小峰城三の丸にアトリエ「小峰山房」を構えた。白河だるま市だるまは文晁が描いた図案をモデルにしたとされている。

旅と山[編集]

文晁は自他共に認める旅好きで30歳になるまで日本全国をさかんに旅し、行ったことのない国は四、五か国に過ぎなかったという。旅の途次に各地の山を写生し、名著『日本名山図譜』として刊行した。山岳の中では最も富士山を好み、富士峰図・芙蓉図などの名品を多数遺している。

画塾写山楼[編集]

画塾写山楼には多くの弟子が入門。渡辺崋山立原杏所などのちの大家を輩出した。写山楼の名の由来は下谷二長町に位置し楼上からの富士山の眺望が良かったことによる。なお、この写山楼は二階建て・二十畳であった[7]。弟子に対して常に写生と古画の模写の大切さを説き、沈南蘋の模写を中心に講義が行われた。しかし、狩野派のような粉本主義・形式主義に陥ることなく弟子の個性や主体性を尊重する教育姿勢だった。弟子思いの師として有名であるが、権威主義的であるとの批判も残される。

定信の隠居後、文晁は長年の功績により恩給を受け格式は奥詰のまま写山楼にて画業に専念。妻の谷幹々(林氏)、妹 秋香紅藍らも女流画家として知られる。実弟の島田元旦も画を得意としており、養子谷文一、実子谷文二も画技に優れ、谷一門は隆盛した。しかし、後継者と目された文一、文二がともに夭折したため写山楼はその後、零落した。

晩年[編集]

亀田鵬斎酒井抱一とは「下谷の三幅対」と評され、享楽に耽り遊びに興じたが最期まで矍鑠として筆をふるった。文政12年(1829年)この年定信が歿し、67歳になった文晁は御絵師の待遇を得て剃髪した。75歳の時に法眼位に叙され文阿弥と号する。

天保11年(1841年)歿。享年79。墓所は浅草源空寺法名「本立院生誉一如法眼文阿文晁居士」。

辞世の句 ながき世を 化けおほせたる 古狸 尾先なみせそ 山の端の月

作品[編集]

(左)寛政文晁 落款
(中)烏文晁 落款
(右)公余探勝図 下田
熊野舟行図 上巻(部分)
熊野舟行図 上巻(部分)
熊野舟行図 下巻(部分)
熊野舟行図 下巻(部分)

作風[編集]

寛政文晁 寛政年間(1789年 -1801年 27歳-38歳)の作品。特に評価が高い。

烏文晁落款が烏の足跡に似ていることから。蝶々文晁ともいう) 文化中期 - 天保期(1811年 - 1840年)の作品。濫作期ともいわれるが優品も多い。

代表作[編集]

鑑定[編集]

文晁は鷹揚な性格であり、弟子などに求められると自分の作品でなくとも落款を認めた。また画塾 写山楼では講義中、本物の文晁印を誰もが利用できる状況にあり、自作を文晁作品だと偽って売り、糊口をしのぐ弟子が相当数いた。購入した者から苦情を受けても「自分の落款があるのだから本物でしょう」と、意に介さなかったという。これらのことから当時から夥しい数の偽物が市中に出回っていたと推察できる。従って鑑定に当たっては落款・印章の真偽だけでは充分ではない。

刊行物[編集]

  • 日本名山図譜
  • 『歴代名公画譜』 代の『顧氏画譜』の模写
  • 『本朝画纂』
  • 『画学大全』
  • 『写山楼画本』
  • 『文晁画談』
  • 『近世名家肖像図巻』監修
  • 『漂客奇賞図』翻刻
  • 『歴朝名公款譜』鑑定

交友[編集]

(左)八仙人図              (右)青緑山水図


門弟[編集]

文晁門四哲[編集]

谷家一門[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文晁という号は師の文麗に因んだと推察している。事実、文晁は文政4年(1821年)の伝来書に自ら文麗門下と称している。(河野、昭和62)
  2. ^ 渡辺玄対、北山寒巌、鈴木芙蓉と文晁との関係は師弟関係とは受け取り難く相互に影響し合い切磋琢磨した関係としている。(槇村、1999年)
  3. ^ 石川大浪を「泰西画法」の師とし、大浪とその弟石川孟高が合作で模写したファン・ロイエンの花鳥図をさらに模写している。
  4. ^ 高梨光司著『蒹葭堂小伝』にはこのようになっているが、『蒹葭堂日記』の解釈から蒹葭堂と文晁がはじめて知りあったのは『顧氏画譜』の善本を借りた寛政8年(1796年)頃と推定している。したがって釧雲泉にも大坂ではあっていないことになる。 (中村、2000年、485 - 486頁ページ)
  5. ^ 文晁の長崎行きは確かな証拠がなく疑問視されている。 (渥美、2002年、15ページ)
  6. ^ 西洋画法を加味した新様式の絵図面として評価が高い。
  7. ^ 森銑三
  8. ^ 通信教育に近い方法だったという。

出典[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]