花鳥画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花鳥画(かちょうが)は、はじめに中国で体系化され、その後に朝鮮や日本にも広まった絵画の一ジャンル。 かならずしも花と鳥に画題が限定されるものではなく、草木、虫、水生生物、時には小動物も含まれる。

花や鳥を描く行為そのものは、おそらく人類の歴史とともに古い。 しかしながら、花鳥画が世俗画の重要なジャンルとして画人たちに認識されるようになったのは、中国においては六朝期から代にかけてのことである。 作品は現存しないが、当時の主たる画人と画業については伝承記録が残されている。

その後、末から五代時代にかけて活躍したとされる黄筌(こうせん)と徐煕(じょき)の画業を基礎として、花鳥画は最初の体系化がなされる。 ここでも彼らの確実な真筆は残されていないが、画題、画法、様式のいずれにおいても対立的なものと捉えられる両者の画風は、しばしば、「富貴」の黄氏体、「野逸」の徐氏体として総括され、その後の花鳥画の二極の範となる。

北宋時代、花鳥画は画院翰林図画院 かんりんとがいん)を中心に院体画としてさらに体系化されてゆく。 黄氏体を主調とするその初期の様式は、鉤勒(または勾勒)填彩(こうろくてんさい 細緻な輪郭線による区画に色を埋める)法による細密描写に重きを置くものであった。 他方で、精緻よりは豪毅、写生よりは写意、静謐よりは律動をむねとする徐氏体は、院体画にも次第に吸収されるが、むしろ宮廷外の士大夫や僧侶の間で愛好され、文人画の伝統へと連なっていく。

北宋最後の皇帝徽宗(きそう)の治世にいたって、院体花鳥画は一旦の完成期を迎える。 花鳥画をことに好んだ徽宗は、みずから画才にも恵まれており、画人の保護と指導に努めた。 院体画の伝統は、北宋の滅亡と徽宗の拿捕の後にも、南宋で再興された画院を中心として継承され、からにかけての花鳥画の主流を形成してゆく。

明の中期あたりから、「在野」の伝統を継承してきた文人画が大きな勢力となっていく。 なかでも沈周(しんしゅう)を祖とする呉派(ごは)の隆盛は著しく、画院を拠点とする浙派(せっぱ)を圧倒するまでになる。 にいたって呉派は画院の中心勢力となり、「正統派」として教条化されることとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]