山東京伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山東京伝像。

山東 京伝(さんとう きょうでん、宝暦11年8月15日1761年9月13日) - 文化13年9月7日1816年10月27日))は、江戸時代後期の浮世絵師戯作者。寛政の改革における出版統制により手鎖の処罰を受けた。

人物[編集]

本名は岩瀬醒(いわせ さむる、初めの名は田臧(のぶよし))。一説に排田または灰田。狂歌名を身軽折輔と号した。幼名は甚太郎。通称は京屋伝蔵または田蔵。字は伯慶。後に酉星(有儕)。山東庵、山東窟、山東軒、珊洞散士、鼯鼠翁、臍下逸人、洛橋陳人、甘谷、菊亭、菊軒、菊花亭と号す。江戸・深川の出身。

父は岩瀬伝左衛門。妹きぬ[1]、弟・相四郎[2]合巻作者の山東京山は実弟。黄表紙・狂歌作者の黒鳶式部(実名よね)は実妹[3][4]

錦絵はほぼ天明年間に集中し、寛政3年以降の京伝の作品はほとんど蔦屋重三郎・鶴屋喜右衛門が版元となっている。京伝の合巻は特に挿絵の面白さが魅力で、大変な人気を誇っていた。考証的な仕事、風俗絵巻も残している。

弟子には山東鶏告(さんとうけいこう)・山東唐洲らがいるが、後に曲亭馬琴の入門を断ったように弟子は取らなくなった。

東京都墨田区両国の回向院に「岩瀬醒墓」(京伝)・「岩瀬百樹之墓」(京山)、「岩瀬氏之墓」(伝左衛門)がある[5]。法名は弁誉智海京伝信士。京伝が没した翌年、弟の京山が浅草寺境内に「机塚」の碑を建立した。

年表[編集]

  • 宝暦11年(1761年):江戸・深川木場の質屋[6]・岩瀬伝左衛門の長男として深川木場に生まれた。
  • 明和6年(1769年):深川伊勢崎町辺に住む御家人・行方角太夫に手習いを始める[7]。このとき父からもらった机を生涯愛用する[8]。またこの頃、「巴山人」の印章も父から与えられる。
  • 安永2年(1773年):父・伝左衛門、奉公先の質屋を離れて京橋銀座一丁目にある町屋敷の家主なった。京伝13歳になり通称を「甚太郎」から「伝蔵」に改めていた。京伝というのは京橋の「京」と伝蔵の「伝」に由来する[9]
  • 安永4年(1775年):北尾重政浮世絵を学ぶ。画号を北尾政演(きたお まさのぶ)と称する。以後、多くの戯作・狂言本などに挿絵を描く。この頃から芝全交との親交を深める。
  • 安永9年(1780年
    • 黄表紙『娘敵討古郷錦(むすめかたきうちこきょうのにしき)』、『米饅頭始(よねまんじゅうのはじまり)』刊行。
  • 天明2年(1782年):蔦屋重三郎方で大田南畝恋川春町唐来参和らと会し吉原で遊ぶ。この年以降、山東京伝と称する。
    • 黄表紙『御存商売物(ごぞんじのしょうばいもの)』刊行。
  • 天明3年(1783年):大田南畝の母60歳の祝宴に参加する。『落栗庵狂歌月並摺』に自作狂歌入集する。この頃から万象亭(森島中良)と親交を深める。
    • 美人画集『青楼名君自筆集』刊行。
    • 黄表紙『客人女郎』刊行。
  • 天明4年(1784年):この頃から5代目 市川団十郎と親交を深める。
    • 図案集『小紋裁』、手拭の図案集『たなぐひあはせ』刊行。
    • 艶本『床喜草』刊行。
    • 黄表紙『不案配即席料理(ふあんばいそくせきりょり)』刊行。
  • 天明5年(1785年
    • 艶本『艶本枕言葉』刊行。
    • 黄表紙『江戸生艶気樺焼』刊行。
    • 洒落本『息子部屋』刊行。
  • 天明6年(1786年):新内めりやす「すがほ」を作詞する。
    • 図案集『小紋新法』刊行。
    • 黄表紙『江戸春一夜千両(えどのはるいちやせんりょう)』、『明牟七変目景清(あくしちへんめかげきよ)』刊行。
    • 洒落本『客衆肝照子』(きゃくしゅきもかがみ)刊行。
  • 天明7年(1787年
    • 洒落本『古契三娼』、『総籬(そうまがき)』刊行。
    • 見立て本『初衣抄』刊行。
  • 天明8年(1788年):蔦屋重三郎らと日光中禅寺に旅行に行く。妹の黒鳶式部(実名よね)が死去。
    • 黄表紙『時代世話二挺鼓』、『会通己恍惚照子(かいつううぬぼれかがみ)』、『小倉山時雨珍説(おぐらやましぐれのちんせつ)』刊行。
    • 洒落本『吉原楊枝(よしわらようじ)』、『傾城觽(けいせいけい)』刊行。
  • 天明9・寛政元年(1789年):黄表紙本[10]に描いた挿絵が咎めを受け過料処分となる。
    • 黄表紙『真実情文桜(しんじつせいもんざくら)』、『碑文谷利生四竹節(ひもんやりしょうのよつだけぶし)』、『孔子縞于時藍染(こうしじまときにあいぞめ)』、『奇事中洲話(きじもなかずわ)』、『花東頼朝公御入(はなのおえどよりともこうおんいり)』、刊行。
    • 洒落本『廓大帳(くるわのだいちょう)』、『新造図彙(しんぞうずい)』、『志羅川夜船(しらかわよふね)』、『通気粋語伝(つうぎすいごでん)』刊行。
意匠図案のパロディ『小紋雅話』(1790年)
  • 寛政2年(1790年):遊女(番頭新造)菊園を妻に迎える。曲亭馬琴が訪れ入門を乞う。過料に処せられたことを理由に戯作執筆をやめようと考えるが、蔦屋重三郎の懇請で思いとどまる。
    • 図案集『小紋雅話』刊行。
    • 黄表紙『玉磨青砥銭(たまみがくあおとがぜに)』、『照子浄頗梨(かがみのじょうはり)』、『山鶗鴂蹴転破瓜』(やまほとぎすけころのみずあげ)、『心学早染艸(しんがくはやそめくさ)』、『京伝憂世之酔醒(きょうでんうきよのえいさめ)』刊行。
    • 洒落本『京伝予誌(きょうでんよし)』、『繁千話(しげしげちわ)』、『傾城買四十八手(けいせいかいしじゅうはって)』刊行。
    • 児童向けの『通俗大聖伝』刊行。
  • 寛政3年(1791年):洒落本3作が禁令を犯したという理由で筆禍を受け、手鎖50日の処分を受ける。自宅を洪水に見舞われた曲亭馬琴が逗留し執筆を助ける。筆禍後は思い屈したため、曲亭馬琴・感和亭鬼武らがしばしば代作を行なう。この頃から万象亭(森島中良)と疎遠になる。
    • 黄表紙『人間一生胸算用(にんげんいっしょうむなさんよう)』、『箱入娘面屋人形(はこいりむすめめんやにんぎょう)』刊行。
    • 洒落本『仕懸文庫(しかけぶんこ)』、『娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)』、『錦の裏』刊行。
  • 寛政4年(1792年):曲亭馬琴を蔦屋重三郎の手代として推薦する。両国柳橋で書画会を開催する。
    • 黄表紙『梁山一歩談(りょうざんいっぽだん)』『天剛垂楊柳(てんごうすいようりゅう)』『女将門七人化粧(おんなまさかどひちにんげしょう)』刊行。
  • 寛政5年(1793年):書画会の収益を元手に銀座に京屋伝蔵店(京伝店)[11]を開店する。妻の菊園が病死する。
    • 黄表紙『貧富両道中之記(ひんぷくりょうどうちゅうのき)』、『堪忍袋緒〆善玉(かんにんぶくろおじめのぜんだま)』刊行。
    • 滑稽図案集『松魚智恵袋(かつおのちえぶくろ)』刊行。
  • 寛政6年(1794年):この頃より書肆より潤筆料(原稿料)を得るようになる[12]
    • 滑稽図案集『絵兄弟』刊行。
    • 黄表紙『忠臣蔵前世幕無(ちゅうしんぐらぜんぜのまくなし)』、『忠臣蔵即席料理』、『金々先生造化夢(きんきんせんせいぞうかのゆめ)』刊行。
  • 寛政7年(1795年):父・伝左衛門が隠居する。越後の鈴木牧之から随筆出版に関して相談され、以後書簡が取り交わされるようになる[13]
  • 寛政8年(1796年
    • 黄表紙『人心鏡写絵(ひとごころかがみのうつしえ)』刊行。
  • 寛政9年(1797年):蔦屋重三郎が死去。
    • 黄表紙『三歳図会稚講釈(さんさいずえおさなこうしゃく)』、『虚生実草紙(うそからでたまことぞうし)』刊行。
  • 寛政10年(1798年
    • 黄表紙『凸凹話(たかびくはなし)』、『百化帖準擬本草笔津虫音禽(ひゃくかちょうみたてほんぞうふでつむしこえのとりどり)』刊行。
  • 寛政11年(1799年):父・伝左衛門が病死する。
    • 黄表紙『仮名手本胸之鏡(かなでほんむねのかがみ)』、『京伝主十六利鑑(きょうでんすじゅうろくりかん)』刊行。
    • 読本『忠臣水滸伝 前篇』刊行。
  • 寛政12年(1800年):遊女・玉の井(百合)[14]を妻に迎える。相模浦賀伊豆三島駿河沼津などを旅行する。
  • 寛政13年・享和元年(1801年
    • 黄表紙『這奇的見勢物語(こはめずらしいみせものがたり)』刊行。
    • 読本『忠臣水滸伝 後篇』刊行。
  • 享和2年(1802年
    • 考証随筆[15]『浮世絵類考』刊行。
    • 黄表紙『通気智之銭光記(つきぢのぜんこうき)』、『早業七人前(はやわざしちにんまえ)』、『呑込多霊宝縁記(のみこんだれいほうえんぎ)』、『枯樹花大悲利益(かれきのはなだいひのりやく)』刊行。
  • 享和3年(1803年):浅草伝法院における善光寺出開帳に出店を出す。烏亭焉馬(落語中興の祖)60歳の祝宴に参加する。妻・百合の妹・滝を養女に迎える。
    • 考証随筆『捜奇録』、見立て絵本『奇妙図彙』『怪談摸摸夢字彙(かいだんももんじい)』刊行。
    • 黄表紙『悟衟迷所独案内(ごどうめいしょひとりあんない)』、『裡家算見通坐敷(うらやさんみとおしざしき)』刊行。
    • 読本『安積沼(あさかのぬま)』刊行。
  • 享和4年・文化元年(1804年):この頃から曲亭馬琴の読本と大きな影響を与え合うようになる。
    • 考証随筆『大尽舞考証』『近世奇跡考』刊行。
    • 黄表紙『作者胎内十月図(さくしゃたいないとつきのず)』、『江戸砂子娘敵討(えどすなごむすめかたきうち)』刊行。
    • 読本『優曇華物語』刊行。
  • 文化2年(1805年
    • 読本『曙草紙』『善知安方忠義伝(うとうやすかたちゅうぎでん)』刊行。
    • 合巻『残灯奇譚案机塵(ざんとうきだんつくえのちり)』刊行。
  • 文化3年(1806年):火災にあう。
    • 読本『昔話稲妻表紙(むかしがたりいなづまひょうし)』刊行。
    • 合巻『敵討両輪車(かたきうちふたつぐるま)』刊行。
  • 文化4年(1807年):絵入読本改掛肝煎名主に対して曲亭馬琴と連名で口上書[16]を提出する。烏亭焉馬・式亭三馬らの求めに応じ「作者画工番付」の絶版を版元と交渉する。
    • 読本『梅花氷裂(ばいかひょうれつ)』刊行。
    • 合巻『於六櫛木曽仇討(おろくぐしきそのあだうち)』、『敵討岡崎女郎衆(かたきうちおかざきじょろしゅ)』、『於杉於玉ニ身之仇討(おすぎおたまふたみのあだうち)』刊行。
  • 文化5年(1808年):この頃から、鶴屋南北の歌舞伎脚本を下敷きにした合巻が多くなる。
    • 合巻『女達三日月於僊(おんなだてみかづきおせん)』、『糸車九尾狐(いとぐるまきゅうびのきつね)』、『岩井櫛粂野仇討(いわいぐしくめののあだうち)』、『敵討天竺徳兵衛(かたきうちてんじくとくべい)』、『絞染五郎強勢談(しぼりそめごろうごうせいばなし)』、『伉侠双蛺蜨(おとこだてふたつちょうちょう)』刊行。
  • 文化6年(1809年
    • 滑稽本『腹筋逢夢石(はらすじおうむせき)』刊行。
    • 読本『浮牡丹全伝(うきぼたんぜんでん)』、『本朝酔菩提全伝(ほんちょうすいぼだいぜんでん)』刊行。
    • 合巻『岩戸神楽剣威徳(いわとかぐらつるぎのいとく)』、『累井筒紅葉打敷(かさねいづつもみじのうちしき)』、『万福長者栄華談(まんぷくちょうじゃえいがものがたり)』、『桜姫筆の再咲(さくらひめふでのにどざき)』、『志道軒往古講釈(しどうけんむかしこうしゃく)』刊行。
  • 文化7年(1810年
    • 滑稽本『坐敷芸忠臣蔵』刊行。
    • 合巻『糸桜本朝文粋(いとざくらほんちょうぶんずい)』、『戯場花牡丹燈籠(かぶきのはなぼたんどうろう)』、『うとふの俤』刊行。
  • 文化8年(1811年):式亭三馬主催の書画会で世話役をつとめる。雲茶会(古物・古画鑑賞会)に参加する。
    • 合巻『男草履打(おとこぞうりうち)』、『暁傘時雨古手屋(あかつきがさしぐれのふるてや)』刊行。
  • 文化9年(1812年):養女・滝が病死する。妻・百合のために髪結いの株[17]を購入する。
    • 合巻『薄雲猫旧話(うすぐもがねこのふるさと)』、『釣狐昔塗笠(つりきつねむかしぬりかさ)』、『春相撲花之錦絵(はるすもうはなのにしきえ)』刊行。
  • 文化10年(1813年):半身が痛む病気となり熱海などで療治をする。桑名藩士・黒沢翁満に戯作出版を思いとどまるよう書簡[18]を送る。
    • 読本『双蝶記(そうちょうき)』刊行。
    • 合巻『婚礼累箪笥(こんれいかさねだんす)』、『ヘマムシ入道昔話』、『重井筒娘千代能(かさねいづつむすめちよのう)』、『磯馴松金糸腰蓑(そなれまつきんしのこしみの)』刊行。
  • 文化11年(1814年
    • 合巻『会談三組盃(かいだんみつぐみさかずき)』、『娘清玄振袖日記(むすめせいげんふりそでにっき)』刊行。
  • 文化12年(1815年
    • 考証随筆『骨董集』
    • 合巻『女達磨之由来文法語(おんなだるまのゆらいふみほうご)』刊行。
  • 文化13年(1816年):胸痛の発作(脚気衝心?)が起き、急死する。両国回向院で葬儀が行なわれる。
    • 考証随筆『むくむくの小袖』刊行。
    • 合巻『琴声美人伝』刊行。
  • 文化14年(1817年)妻・百合の言動が錯乱、弟・京山により物置に監禁される。
    • 合巻『長髦姿蛇柳(ながかもじすがたのじゃやなぎ)』、『袖之梅月土手節(そでのうめつきのどてぶし)』刊行。
  • 文化15年・文政元年(1818年):妻・百合が死去。
  • 文政2年(1819年):曲亭馬琴が『伊波伝毛乃記(いわでものき)』と題する京伝の評伝を書いた[19]

作品[編集]

著作[編集]

  • 佐藤深雪校訂 『山東京伝集』(『叢書江戸文庫』18 国書刊行会、1987年)
  • 『山東京傳全集』(同編集委員会編、ぺりかん社 ※未完結、1992年 - )
  • 「遊びのデザイン 山東京伝『小紋雅話』」 岩崎美術社、1984年
  • 「洒落のデザイン 山東京伝画『手拭合』」 岩崎美術社、1986年
  • 山本陽史編 『山東京伝』〈『シリーズ江戸戯作』〉 桜楓社、1987年

脚注[編集]

  1. ^ 明和3年(1766)生まれ
  2. ^ 明和6年(1769)生まれ
  3. ^ 明和8年(1771)生まれ、天明末か寛政初めに早世した。京伝は妹弟と異父兄弟・異母兄弟などの説がある
  4. ^ 佐藤至子 2009年 1-2ページ
  5. ^ 佐藤至子 2009年 2ページ
  6. ^ 父は伊勢の出身で9歳の時江戸に来て質屋に奉公し、後に養子になった。後に妻を娶り二男二女をなした。
  7. ^ 佐藤至子 2009年 3ページ
  8. ^ のちに「古机の記」を書き、そのときの心情を「耳もおち足もくじけてもろともに世にふる机なれも老いたり」の句を残している(佐藤至子 2009年 3ページ)
  9. ^ 佐藤至子 2009年 5ページ
  10. ^ 石部琴好作の『黒白水鏡』。田沼意次の子意知が江戸城中で佐野政言に斬りつけられた事件を扱っていた。
  11. ^ 煙草入れなどの袋物や煙管・丸薬類(読書丸など)を販売。京伝は商品のデザインを考案し引札(広告ビラ)を制作し、自身の作品のなかでも店の宣伝をした。店の経営には父・伝左衛門があたり京都・大坂に取次所もできた。父の死後は京伝の後妻・玉の井(百合)が経営を受け継ぐ。
  12. ^ 従来は書肆が作者に潤筆料を払う習慣はなく、当たり作があれば作者を遊里で接待するなどしたようである。
  13. ^ この随筆が、天保8年(1837年)に出版される『北越雪譜』となる。
  14. ^ 京伝は新作の構想ができるとまず百合に聞かせ、その意見を参考にしたという。
  15. ^ 京伝は近世初期の風俗考証に努めた。
  16. ^ 勧善懲悪など道徳的な内容を心がけること、剛悪・不祥・殺伐な内容はできるだけ避けるようにすること、など迎合的な内容になっている。
  17. ^ 髪結いの営業権でかなり高価なもの。この営業権を一般の髪結い職人に貸し付けて揚銭(礼金)を納めさせたのである。
  18. ^ 幕府による検閲の厳しさをあげ、また戯作などの虚業ではなく実学・和学に精励することを勧めている。黒沢翁満はこの書簡が契機となって国学者への道を歩むこととなる。
  19. ^ 佐藤至子 2009年 319ページ

参考文献[編集]

  • 曲亭馬琴 『伊波伝毛乃記』〈『新燕石十種』第6巻〉 中央公論社
  • 宮武外骨編 『山東京伝』 吉川弘文館、1916年
  • 小池藤五郎 『山東京伝の研究』 岩波書店、1935年
  • 小池藤五郎 『山東京伝』〈『人物叢書』〉 吉川弘文館、1961年
  • 水野稔 『山東京伝の黄表紙』 有光書房、1976年
  • 水野稔 『山東京伝年譜稿』 ぺりかん社、1991年
  • 佐藤至子 『山東京伝 滑稽洒落第一の作者』〈『日本評伝選』〉 ミネルヴァ書房、2009年
  • 細窪孝 『山東京伝黄表紙の世界』 アーバンプロ出版センター、2010年
  • 棚橋正博 『山東京伝の黄表紙を読む 江戸の経済と社会風俗』 ぺりかん社、2012年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年
  • 小池正胤 『反骨者大田南畝と山東京伝』〈『江戸東京ライブラリー』〉 教育出版、1998年
  • 半村良 『およね平吉時穴道行』 『早川書房、1971年
  • 美術誌『Bien-美庵-』Vol.15 藝術出版社、2002年7-8月[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]