頼山陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
書斎山紫水明處・京都市上京区
頼山陽の署名「頼襄」

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日1780年1月21日) - 天保3年9月23日1832年10月16日))は、江戸時代後期の歴史家思想家漢詩人文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は(のぼる)、字は子成山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。

生涯[編集]

父の頼春水は若くして詩文や書に秀で、大坂へ遊学し尾藤二洲古賀精里らとともに朱子学の研究を進め、大坂江戸堀北(現・大阪市西区江戸堀)に私塾「青山社」を開いた。山陽はこの頃の安永9年(1781年)に誕生した。母は飯岡義斎の長女で梅颸の雅号を持つ文人であり、その妹は尾藤二洲に嫁いでいる。

天明元年(1781年)12月、父が広島藩の学問所創設にあたり儒学者に登用されたため転居し、城下の袋町(現・広島市中区袋町)で育った。父と同じく幼少時より詩文の才があり、また歴史に深い興味を示した。春水が江戸在勤となったため叔父の頼杏坪に学び、寛政9年(1797年)には江戸に遊学し、父の学友・尾藤二洲に師事した。帰国後の寛政12年(1800年)9月、突如脱藩を企て上洛するも、追跡してきた杏坪によって京都で発見され、広島へ連れ戻され廃嫡のうえ自宅へ幽閉される。これがかえって山陽を学問に専念させることとなり、3年間は著述に明け暮れた。なお、『日本外史』の初稿が完成したのもこのときといわれる。謹慎を解かれたのち、文化6年(1809年)に父の友人であった儒学者の菅茶山より招聘を受け廉塾の都講(塾頭)に就任した。

ところが、その境遇にも満足できず学者としての名声を天下に轟かせたいとの思いから、文化8年(1811年)に京都へ出奔し、洛中に居を構え開塾する。文化13年(1816年)、父・春水が死去するとその遺稿をまとめ『春水遺稿』として上梓。翌々年(1818年)には九州旅行へ出向き、広瀬淡窓らの知遇を得ている。文政5年(1822年)上京区三本木東山を眺望できる屋敷を構え「水西荘」と名付けた。この居宅にて営々と著述を続け、文政9年(1826年)には代表作となる『日本外史』が完成し、文政10年(1827年)には江戸幕府老中松平定信に献上された。文政11年(1828年)には文房を造営し以前の屋敷の名前をとって「山紫水明処」とした。

山陽の周辺には、京坂の文人が集まり、一種のサロンを形成した。その主要メンバーは、父・春水とも関係があった木村蒹葭堂と交友した人々の子であることが多く、大阪の儒者篠崎三島の養子・小竹、京都の蘭医小石元俊の子・元瑞、大阪の南画岡田米山人の子・半江、京都の浦上玉堂の子・春琴が挙げられる。さらに僧雲華、仙台出身で長崎帰りの文人画家・菅井梅関・尾張出身の南画家・中林竹洞、やや年長の先輩格として陶工・青木木米、そして遠く九州から文人画家・田能村竹田も加わり、彼らは盛んに詩文書画を制作した。

また、その後も文筆業にたずさわり『日本政記』『通議』などの完成を急いだが、天保年間に入った51歳ごろから健康を害し喀血を見るなどした。容態が悪化する中でも著作に専念したが、天保3年(1832年)に死去。享年53。山田風太郎著『人間臨終図鑑』によれば山陽は最後まで仕事場を離れず、手から筆を離したのは実に息を引き取る数分前であり死顔には眼鏡がかかったままであったという。また、遺稿とされる「南北朝正閏論」(『日本政記』所収)の自序にはこれを書く決意をしたのは9月12日の夜であったことを記している。京都円山公園長楽寺に葬られた。

安政の大獄で処刑された頼三樹三郎は三男。子孫の1人に中国文学者の頼惟勤がいる。

創作活動について[編集]

「寒岩枯木図」 頼山陽筆 静嘉堂文庫蔵 1820年
中林竹洞画・頼山陽賛「山水図」1825年

司馬遷の『史記』は「十二本紀・十表・八書・三十世家・七十列伝」の全百三十巻から成るが、頼山陽はこれを模倣して「三紀・五書・九議・十三世家・二十三策」の著述構想を立てている。『史記』にあっては真骨頂というべき「列伝」に該当するものがないが前記の十三世家にあたる『日本外史』(全二十二巻)が列伝体で叙せられ、『史記』の「列伝」を兼ねたものと見ることもできる。

『日本外史』は武家の時代史であるが、簡明な叙述であり、情熱的な文章であった為に広く愛読されたが、参考史料として軍記物語なども用いているため、歴史的事実に忠実であるとは言いがたい記事も散見する。言い換えれば、史伝小説の源流の一つとも言い得る。ただし簡明であるがゆえに巷間で広く読まれ、幕末・明治維新から、昭和戦前期まで、広く影響を与えた。

なお山陽は詩吟剣舞でも馴染み深い「鞭声粛粛夜河を過る~」で始まる川中島の戦いを描いた漢詩『題不識庵撃機山図』の作者としても有名。同作品は死後刊行された『山陽詩鈔』(全8巻)に収められている。ほか、古代から織豊時代までの歴史事件を歌謡風に詠じた『日本楽府』(全1巻)がある。同書の第一は下記引用の詩に始まるが、易姓革命による秦、漢に代表される中華王朝の傾きに対比して、本朝の皇統の一貫に基づく国体の精華を強調している。

日の出ずる処、日の没する処。
両頭の天子、皆天署扶桑鶏号いて、
朝已に盈つるも長安洛陽、天未だ曙けず。
贏は顚れ劉は蹶きて日没を趁い、
東海の一輪、旧に依りて出ず。

著作[編集]

  • 日本外史』 頼成一・頼惟勤訳注、岩波文庫(上中下)、1977-81年-文語体での訳本。戦前版を子息が改訳
  • 『日本の名著28 頼山陽』 頼維勤解説、中央公論社、1972年、新版1983年
     「日本外史」の現代語訳(抜粋版)。新版の付録解説は中村真一郎。
  • 日本思想大系49 日本政記』 植手通有校註  岩波書店、1977年
  • 新日本古典文学大系66 頼山陽・菅茶山』 頼惟勤・直井文子校注 岩波書店、1990年 
  • 『江戸詩人選集8 頼山陽・梁川星巌』 入谷仙介校注 岩波書店、1990年、復刊2001年
  • 『頼山陽詩選』 揖斐高訳注・解説、岩波文庫、2012年
  • 『頼山陽詩抄』 頼成一・伊藤吉三訳註、岩波文庫-初版1944年、復刊1990年・1997年
  • 文人画粋編18 頼山陽』 松下英麿編・解説、中央公論社、1976年-大著、評伝は中村真一郎
  • 『頼山陽 書画題跋評釈』 竹谷長二郎編、明治書院 1983年-大著

伝記文献(近年)[編集]

  • 『頼山陽とその時代』 中村真一郎 中央公論社、1971年
     中公文庫(上中下)、1976年、解説篠田一士。『昭和文学全集 22』(小学館)に一部収録。
  • 『菅茶山と頼山陽』 富士川英郎 平凡社東洋文庫、1971年/ワイド版2006年
  • 『頼山陽「日本楽府」を読む (全3巻)』 渡部昇一、PHP研究所-新版選書、2006年
  • 『山紫水明 頼山陽の詩郷』 池田明子、渓水社、2010年-詩集解説
  • 『頼山陽 (上下)』  見延典子徳間書店、2007年、徳間文庫、2011年-歴史小説
  • 『すっぽらぽんのぽん』 見延典子、南々社、2000年-頼山陽の母・梅による「梅颸日記」の評伝
  • 『頼山陽 雲か山か』 梶山季之 光文社文庫 1987年。集英社、1974年-歴史小説
  • 『明治維新の暁鐘 頼山陽 その人と志業』 安藤英男 東洋経済新報社 1972年
  • 『考証・頼山陽』 安藤英男 名著刊行会 1982年
  • 『頼山陽 人と思想』 安藤英男 白川書院 1975年
  • 『頼山陽選集』(全7巻) 安藤英男訳 近藤出版社  1982年-頼山陽の自筆原稿図版あり。
    • 『頼山陽伝』
    • 『頼山陽詩集』
    • 『頼山陽文集』
    • 『頼山陽 日本政記』
    • 『頼山陽 通議』
    • 『頼山陽 日本外史』
    • 『頼山陽品行論』
  • 『頼山陽詩集』 安藤英男訳 白川書院 1977年-以下の3冊は旧版。
  • 『頼山陽 通義』 安藤英男訳 白川書院 1976年
  • 『頼山陽 日本政記』 安藤英男訳 白川書院 1976年

系譜[編集]

総兵衛正茂―彌七郎道喜―彌右衛門良皓―又十郎惟清―彌太郎惟完―久太郎―
                            春水  山陽

その他[編集]

  • 眉山は山陽が美濃の門人を訪ね、帰路西粟野の庄屋河野家に立ち寄った時に眉を引いたように優美な山容に感じて名付けたと言われている。
  • 酒をこよなく愛した人物としても知られ、白雪剣菱男山などの銘酒を詩歌や書簡の中で幾度となく称えている。
  • 文人達の集まる琴会(七絃琴を愉しむ会)にたびたび足を運んだが、自身は平曲を嗜んだ。
頼山陽の墓・京都市東山区長楽寺(2012年3月28日撮影)

関連施設[編集]

  • 頼山陽史跡資料館 - 広島市中区袋町の旧居。山陽が脱藩により、幽閉された家。国の史跡に指定されている「頼山陽居室」がある。
  • 山紫水明處 - 京都市上京区東三本木の書斎。
  • 頼惟清旧宅 - 広島県竹原市にある祖父・頼惟清が紺屋を営んでいた家。父・春水が幼少期に暮らしており、山陽も何度か訪れ詩を残している。
  • 山陽文徳殿 - 没後100年祭を契機に建設。広島市南区比治山。
  • 山陽生誕200周年を記念し1980年に、初の銅像が広島県竹原市に建立された。
  • 大阪市の玉水記念館(金光教玉水教会内)に、頼山陽生誕地の碑がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]