古琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lian Zhu Shi.jpg

古琴(こきん、七絃(弦)琴(しちげんきん)中国語ではzh-gu3qin2.ogg クーチン[ヘルプ/ファイル])は、中国の古い伝統楽器。3000年の歴史がある。撥弦楽器である琴(きん)の一種で、絃(弦)は7本。などと違い、琴柱(ことじ)はなく「徽(き)」と呼ばれる印が13あり、これに従い、左手で弦を押さえて右手で弾く。古琴演奏技は、2003年、ユネスコの無形文化遺産保護条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載され、2009年9月に無形文化遺産として正式登録された。孔子諸葛孔明竹林の七賢稽康陶淵明白居易など、中国宮廷でも高貴かつ限られた文人しか演奏できなかった楽器であり、日本でも菅原道真重明親王が学んだことが知られる。現在でも奏者は極めて少ない。「君子左琴」「右書左琴」「伯牙絶弦」「知音」など、琴にまつわる故事成語も多い。

概要[編集]

日本には遣唐使の時代に譜とともに大陸から伝来、箏や和琴など他のことと区別して「琴(きん)」または「琴(きん)のこと」と称した。『懐風藻』には「琴」にまつわる詩が数多く詠まれている。また『うつほ物語』の清原俊蔭、『源氏物語』の光源氏など、物語の主人公が携行し奏でる場面が重要な物語要素となっている。平安時代中期頃まで演奏されていた記録が『日本三代実録』『吏部王記(りほうおうき)』『御堂関白記』『御遊抄』『枕草子』に残るが、奏法が難しくまた音量の小さい楽器であったためか、結局、雅楽の編成にも加えられることなく一度断絶する。その後江戸時代に至り、東皐心越によって再び日本に伝わり、熊沢蕃山荻生徂徠浦上玉堂らの文人たちに愛好されたが、一般に広まることはなく再び衰微した。現代の琴学はオランダ公使のファン・フーリック(1910-1967)が岸辺成雄に教授したことから始まるものである。

古代の琴で日本に現存する代表的な琴に、唐琴として正倉院宝物の「金銀平文琴(きんぎんひょうもんのきん)」、法隆寺献納宝物の「開元琴」(東京国立博物館所蔵、国宝)がある。他に、厳島神社蔵の伝平重衡所用の法花(重要文化財)、尾張・徳川義直の老龍吟、紀伊徳川家伝来の唐琴・冠古(別銘「梅花断」、『集古十種』所載)、谷響、幽蘭(寛政年間)、天明三年無銘琴(4張ともに国立歴史民俗博物館蔵)などがある。

譜には、文字譜と中唐時代に開発された減字譜(げんじふ)がある。文字譜は弧本として、漢代、蔡邕(133-192)が書いた『琴操』に孔子が作曲したと伝える『碣石調幽蘭第五』(けっせきちょうゆうらんだいご)(東京国立博物館所蔵、国宝)が現存する。減字譜は多数伝わり、朱権編『神奇秘譜(しんきひふ)』明・洪熙乙巳年(1425年)が代表的な琴譜である。彦根井伊家、徳川田安家には、荻生徂徠の楽書『幽蘭譜抄』が伝わる。

代表的な琴曲に「広陵散」「陽関三畳」「秋風辞」「酒狂」「昭君引」「大胡笳」「梅花三弄」「平沙落雁」「幽蘭」などがある。

参考文献[編集]

  • 山田孝雄『源氏物語之音楽』宝文館 1934年 
  • 三谷陽子『東アジア琴箏の研究』全音楽譜出版社 1980年6月25日 
  • 上原作和『光源氏物語の思想史的変貌 《琴》のゆくへ』有精堂出版、1994年12月20日 ISBN 978-4640310552
  • 岸邊成雄『江戸時代の琴士物語』有隣堂印刷株式会社出版部 1999年9月20日
  • 吉川良和『中国音楽と芸能 非文字文化の探究』(中国学芸叢書)創文社 2003年12月30日 ISBN 978-4423194270
  • 上原作和『光源氏物語學藝史 右書左琴の思想』翰林書房、2006年5月20日 ISBN 978-4877372293
  • 中 純子『詩人と音楽―記録された唐代の音』知泉書館 2008年11月15日 ISBN 978-4862850454  
  • 上原作和編『《琴》の文化史 東アジアの音風景』「アジア遊学」126号 勉誠出版、2009年9月30日 ISBN 978-4585104230
  • Tsar Teh-yun (1905-2007) maitre du qin (2 cd-set+54 pages booklet in English/French), AIMP-VDE Gallo, VDE CD 1432/1433, 2014
  • The Heart of Qin in Hong Kong, Director: Mayram Goormathtigh, 52', 2010 documentary, Hong Kong China (Language: Cantonese, Subtitle: Chinese and English)

関連項目[編集]