五音音階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五音音階(ごおんおんかい)とは、1オクターブに5つの音が含まれる音階のこと。ペンタトニックスケールとも呼ばれる。スコットランド民謡などにあらわれる。日本民謡演歌にみられるヨナ抜き音階も五音音階の一つである。

概要[編集]

世界音楽でその他には東アジア日本朝鮮半島中国漢民族)、モンゴルチベットブータンなど)、東南アジアベトナムタイミャンマーカンボジアインドネシアジャワ島バリ島))、アフリカスーダンエチオピアウガンダなど)、南アメリカアンデス)の音楽が五音音階のように聞こえる。そもそも基本的には五音音階という考え方は西洋音楽の七音音階と対比させたものが出発点であるので、他の音楽文化圏の音楽にこれを当てはめるのには根本的に無理がある。よく中国音楽は五音音階である、と言われるが、それはそれで間違っていないが、例えば京劇を見てみると、その旋律には1オクターブに7つの音が含まれる部分が相当ある。また、実際の曲中では、節回しによって基本の五音から嬰変化したり、變変化したりすることが度々ある。

インドネシア(ジャワ島・バリ島)やウガンダ(ブガンダ王国の伝統音楽)などには1オクターブを五等分した五音音階がある。

五音音階の分類[編集]

主音に拘らず、音程の狭い、狭い、広い、狭い、の順に並べたもの

音階 使用範囲(国内) 使用範囲(世界)
C, D, E, G, A 呂音階、律音階、陽音階 スコットランド民謡、ボヘミア民謡、
東アジア民謡(中国、スレンドロ)、インド(ラーグブープ旋法)、南米フォルクローレ
C, D, Eb, G, A 陰音階(上行形) ---
C, D, Eb, G, Ab 陰音階(下行形) ---
C, Db, Eb, G, Ab 琉球音階 ガムラン音階(ペロッグ
C, Db, Eb, Gb, Ab --- ガムラン音階(ペロッグ)

関連項目[編集]