和琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寛治7年(1093年)、白河院の春日社御幸。正面奥で和琴、横笛、笏拍子、篳篥を奏しているのが見える。—『春日権現験記絵 巻二』延慶2年(1309年) 高階隆兼

和琴(わごん)は、雅楽国風歌舞でもちいられる日本固有の弦楽器で、日本最古の楽器大和琴(やまとごと)、東琴(あずまごと)とも。

現在日本でよく知られるは大陸からの渡来楽器が基となっており、和琴とは起源や系統が異なる。

概要[編集]

藤原緒嗣(宝亀5年(774年)-承和10年(843年))—『前賢故実 巻之3』明治元年(1868年)上梓 菊池容斎編・画

宮中の祭祀にて奉仕される国風歌舞(「神楽歌」「久米歌」「東遊」など)のみに用いられる。雅楽の楽器のなかではもっとも格が高く、古くは位の高い者のみ奏することができた。現在でも、宮内庁楽部ではおもに楽長が奏する。

弥生時代から古墳時代にかけての遺跡から、和琴の祖形とみられる木製の琴や、琴を弾く埴輪が出土している。

構造[編集]

本体はおもにで作られ、なかは空洞。柱(じ)はの枝の叉をそのままもちいる。長さは約190cmで、横は頭が約16cm、尾が約24cm。

絃は六本の絹糸。尾の部分で、葦津緒(あしづお)という絹の編み紐で絃を留める。と違い、手前から一、二、三、四、五、六絃と数える。

奏法[編集]

演奏には、鼈甲または水牛の角で作られた琴軋(ことさぎ、ことさき)と呼ばれる長さ約7〜8cm、幅約1cm、厚さ約3mmほどの、笏に似た形のをもちいる。 琴軋を右手に持って絃をかき鳴らしたり、素手の左手の指で弾いたりする。

座って奏するが、「東遊」では琴持(こともち)をともない立奏する。

参考文献[編集]

  • 東儀俊美『雅楽神韻』 邑心文庫、1999年
  • 東儀俊美『雅楽縹渺』 邑心文庫、2002年
  • 東儀秀樹『雅楽』 集英社、2000年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]