神楽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神楽歌(かぐらうた)は、日本の神道における神事で催される神楽において歌われる歌である。

概要[編集]

約90首の神楽歌が存在する[1]

主に知られるのは以下の37曲である。なお、「千歳」を小前張ではなく雑歌に入れる説もある。

  • 庭燎(にはび)
  • 阿知女(あちめ)
厳密には「作法」であり歌曲ではない。
  • 採物歌
榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖(つゑ)、篠(ささ)、弓(ゆみ)、剣(たち)、鉾(ほこ)、※(外字。左に「木」、右に「夕」。ひさご)、葛(かつら)、韓神(からかみ)。人長がこれらを取って舞ったため、採物歌と名付けられた。
  • 大前張
宮人(みやびと)、木綿志手(ゆふしで)、難波潟(なにはがた)、前張(さいはり)、階香取(しなかとり)
  • 小前張
薦枕(こもまくら)、閑野(しづや)、磯等前(いそらがさき)、篠波(ささなみ)、埴舂(うゑつき)、総角(あげまき)、大宮(おおみや)、湊田(みなとだ)、蟋蟀(きりぎりす)、千歳(せんざい)
  • 早歌(はやうた)
  • 星三種
吉吉利利(ききりり)、得銭子(とくせんこ)、木綿作(ゆふつくる)
  • 雑歌
昼目(ひるめ)、立弓(ゆだち)、朝倉(あさくら)、其駒(そのこま)
  • 竈殿歌(かまどのうた)
  • 酒殿歌(さかどのうた)

歌詞は概ね31字で、奈良時代以後の調である。「宮人」以下の歌曲は、もとは催馬楽であったのが、神楽の余興に催馬楽を歌ったため、神楽歌に混入したものである。

現在行われるのは17曲であり、とりわけ「閑野」、「磯等前」は祈年、新嘗におこなわれ、「昼目」は秘曲として大嘗祭でのみおこなわれるという。

脚注[編集]

  1. ^ * 日本史用語研究会 『必携日本史用語』 実教出版(原著2009年2月2日)、四訂版。ISBN 9784407316599

参考文献[編集]