序破急

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

序破急(じょはきゅう)とは、日本の雅楽舞楽から出た概念であり、能楽連歌蹴鞠香道剣術抜刀術居合道など芸道論で使用される言葉である。脚本構成としては、に限らず、浄瑠璃および歌舞伎等においては、 日本では中近世以降、伝統的に用いられてきた構成である[1][2][3]映像分野脚本構成においても、序破急の同義語である三幕構成が国際的に主流となっている[4]。また、文章構成などにおける三段構成(パラグラフ・ライティング三幕構成等)を指す概念としても用いられる。

原義[編集]

本来は雅楽の演奏についての言葉である。雅楽の唐楽などで、曲を構成する三つの部分をいい、ほぼ西洋音楽の楽章に相当する。「序」が無拍子かつ低速度で展開され、太鼓の拍数のみを定めて自由に奏され、「破」から拍子が加わり、「急」で加速が入り一曲三部構成を成す。序破急一組で楽式とも考えることができる。ただし、序破急すべてを備えていない(失われたか、始めから存在しない)曲も多い。

「序破急」の語は、猿樂世阿彌の書『花鏡』、『三道』、『風姿花伝』で触れられているので、有名である。そのため、能楽からの言葉と誤解されることが多いが、元来は雅楽から発した語であった。しかし、世阿弥は、それを芸道一般に通じることと論じている。

現代日本では、物語などにおける四段構成(起承転結)に対する三段構成を指す概念として用いられ、演劇等の“三幕構成”の同義語として使われることがある。また、起承転結とともに小中学校の作文技法として使われる。

関連書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大辞林』 第三版 三省堂じょはきゅう【序破急】」の項
  2. ^ 世界大百科事典』 第2版 平凡社じょはきゅう【序破急】」の項
  3. ^ 「歌舞伎舞踊の作品と表現-五段構成と序破急」独立行政法人日本芸術文化振興会 文化デジタルライブラリー2014年2月28日閲覧
  4. ^ 浜野高宏; 今村研一、ハンス・ロバート・アイゼンハウアー (平成24年度). “ドキュメンタリーの国際共同製作ガイダンス” (Japanese). 公益財団法人ユニジャパン. p. 12. 2014年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月2日閲覧。

関連項目[編集]