トンコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トンコリ
各言語での名称
Tonkori
Tonkori
トンコリ
トンコリ
分類

弦楽器

トンコリアイヌに伝わる伝統的な弦楽器カラフトアイヌが用いていた五弦琴(三弦や六弦の物もある)。 江戸時代には北海道の宗谷地方やオホーツク沿岸地域でもほぼ同じ楽器が存在し「カー」と呼ばれ演奏されていた文献記録があるが、近代までに伝承は途絶えた。 現在判明している製作法や演奏法は、すべて樺太アイヌのものである。

解説[編集]

ギターとは違い、胴体部は細長く平べったく直線的な作りで先端は尖っている。胴部には意匠が施されている事もある。各部はアイヌ民族の他の民具同様に人体になぞらえて呼ばれる。ギターヘッドネックに相当する部分は同様にと呼ぶ。弦を巻き付ける部位を(性感帯のツボがある)、胴体先端の尖った部位は、足にある弦の付け根はそれを覆うように動物毛皮を貼り付け、これを陰毛と呼ぶ。 その裏側は等と呼ぶ(※弦楽器は、よく女性器に例えられる)。胴部中央にはへそと呼ぶ穴があいていて、そこにラマトゥフ(魂)と呼ぶガラス玉を入れる。 ギター等と異なりフレットがないだけでなく、弦を指板におしつけて音を変えることもない。したがってハープ等と同じく基本的には弦の数(つまり五音)しか音が出ない。

素材はエゾマツホオノキ、弦にはかつては動物のイラクサを寄り合わせた物が用いられていた。 現在は、三味線の弦を使うことが多い。

樺太アイヌの伝承者からただ一人1960年代に直接指導を受けた邦楽家の富田友子(歌萌)が講演・演奏活動を続けている。彼女以外に伝承者から直接指導を受けた演奏家はおらず、彼女の弟子筋でなければ録音からの独自の復元演奏もしくは想像による演奏である。

1990年代以降、北海道や関東のアイヌの団体や個人によって演奏されることも多くなっており、演奏者が増えつつある。有名なトンコリ奏者としてはOKIが居る。

また、最近では北海道出身の兄弟ユニットK.D earthがトンコリを演奏活動に取り入れ、アイヌの伝統曲やオリジナル曲などを演奏している。ツイン・トンコリ、トンコリ+ムックリなどで表現の幅を広げている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 世界民族音楽大系1 北・東アジア篇 トンコリ 加納沖 平凡社編、日本ビクター発行 LD 1994年 NCID BA49881244
  • アイヌ絵を聴く―変容の民族音楽誌 北海道大学出版会 2000年 ISBN 9784832961012

外部リンク[編集]