菅茶山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『近世名家肖像』より

菅 茶山(かん ちゃざん(さざん)、延享5年2月2日1748年2月29日)- 文政10年8月13日1827年10月3日))は、江戸時代後期の儒学者漢詩人は晋帥(ときのり)。は礼卿。通称は太仲・太中。幼名は喜太郎、百助。備後国安那郡川北村(現広島県福山市神辺町)の出身。

経歴[編集]

農業・菅波久助の長子として生まれる。茶山が生まれ育った神辺は、山陽道宿場町として栄えていたが、賭け事や飲酒などで荒れていた。学問を広めることで町を良くしようと考えた茶山は、京都那波魯堂朱子学を学び、和田東郭古医方を学んだ。京都遊学中には高葛陂の私塾にも通い、与謝蕪村大典顕常などと邂逅した。

故郷に帰り、1781年(天明元年)頃、神辺(現在の福山市)に私塾黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ)を開いた。皆が平等に教育を受けることで、貧富によって差別されない社会を作ろうとした。

塾は1796年(寛政8年)には福山藩郷学として認可され廉塾と名が改められた。茶山は1801年(享和元年)から福山藩の儒官としての知遇を受け、藩校弘道館にも出講した。化政文化期の代表的な詩人として全国的にも知られ、山陽道を往来する文人の多くは廉塾を訪ねたという。詩集『黄葉夕陽村舎詩』が刷られている。(復刻版は葦陽文化研究会編、児島書店、1981年(昭和56年))

廉塾の門人には、頼山陽北条霞亭など多数。墓所は神辺網付谷にある。

「廉塾ならびに菅茶山旧宅」は1953年(昭和28年)に国の特別史跡に指定された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]