クロマニョン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロマニョン人
Cro-Magnon-male-skull.png
クロマニョン人の頭骨
地質時代
更新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: ヒト科 Hominidae
: ヒト属 Homo
: sapiens
学名
Homo sapiens sapiens
和名
クロマニョン人
英名
Cro-Magnon man
スクレーパークロマニョン人-コレクション"ルイラルテ"- トゥールーズの博物館.

クロマニョン人(クロマニョンじん、Cro-Magnon man)とは、南フランスで発見された人類化石に付けられた名称である。1868年、クロマニョン (Cro-Magnon) 洞窟で、鉄道工事に際して5体の人骨化石が出土し、古生物学者ルイ= ラルテ(Louis Lartet) によって研究された。ヨーロッパにおける化石現生人類をひろくクロマニョン人と言うこともある。またネアンデルタール人旧人と呼ぶのに対し(ネアンデルタール人以外にも、25万年前に新人段階に達する前の、現代型サピエンスの直接の祖先である古代型サピエンス等も旧人段階の人類とみなすことがある)、クロマニョン人に代表される現代型ホモ・サピエンスを新人と呼ぶこともある。約20万年前に誕生した現生人類を称するための用語としては、学名の「ホモ・サピエンス・サピエンス」、同じく新人の「ホモ・サピエンス・イダルトゥ」以外には、「新人」ぐらいしかないので、不正確ではあってもこれらの用語で代用されることも多い。

進化の様相[編集]

後期旧石器時代に属し、約4万 - 1万年前のものと考えられる。

身体的特徴[編集]

骨格が頑丈で多くの点で現代人と似ている(特にヨーロッパ人に似ていると言われる)。身長は男性で180cm前後。

文化[編集]

クロマニョン人は後期旧石器時代ヨーロッパに分布した人類で、現代人と同じホモ=サピエンス(Homo sapiens)に属し、コーカソイドに入ると考えられるが、現在は化石でのみ発見されるので、同時代の他地域の上洞人港川人などと共に「化石現生人類」とも言う。精密な石器・骨器などの道具を製作し、優れた洞窟壁画や彫刻を残した。また、死者を丁重に埋葬し、呪術を行なった証拠もあるなど、進んだ文化を持っていた。主流派の学説ではクロマニョン人はそのまま現代人へと遺伝的に繋がっているとされる。

一部の学者によれば、狩猟採集生活をし、イヌ以外の家畜を持たず、農耕も知らなかった(資源が豊富だったのでより効率の高い食糧生産方法が必要なかった)ため、野ウマヤギュウマンモス等の大動物が減少・絶滅すると共に彼らも滅亡したとされる。

精巧な石器や骨器を作り、動物を描いた洞窟壁画ラスコーアルタミラ、その他多数)や動物・人物の彫刻を残す。

研究史[編集]

クロマニョン洞窟での発見以来、同種の人類化石がヨーロッパ各地で発見された。南フランスでは19世紀末にシャンスラード人・グリマルディ人が発掘されているが、発見当初、前者はエスキモーイヌイット)に、後者はネグロイドに類似するとされた。しかしその後否定され、そうした類似と見えるのは個体差や、土中に埋没していた際の土圧による変形であり、いずれもクロマニョン人に含まれるとされている。

関連項目[編集]