ホモ・フローレシエンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホモ・フローレシエンシス
(フローレス人)
ホモ・フローレシエンシスの頭骨
ホモ・フローレシエンシスの頭骨
分類
: 動物界 Animalia
: 脊椎動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : ヒト亜族 Hominina
: ヒト属 Homo
: ホモ・フローレシエンシス
H. floresiensis
学名
Homo floresiensis
P. Brown et al., 2004

ホモ・フローレシエンシスフローレス人 Homo floresiensis)は、インドネシアフローレス島で発見された、約1万2千年前まで生息していた小型のヒト属の新種の可能性が取りざたされている生物。身長は1mあまりで、それに比例しても小さいが、や精巧な石器を使っていたと考えられる。そのサイズからホビットトールキンの作品中の小人)という愛称が付けられている[1]。しかし、新種説に対しては、反論もある。

発見[編集]

ホモ・フローレシエンシスの骨が発見された洞穴。

2003年に、オーストラリアとインドネシアの合同チームが発見し、2004年10月に公表[2]2005年3月[3]にヒト属の新種であるという詳細な発表を行った。

リアンブア (Liang Bua) の石灰岩洞窟に、3万8千年から1万3千年前のホモ・フローレシエンシスの骨7体と獲物と考えられる象(ステゴドン)の骨、石器などが一緒に発見された[4]。骨は化石化しておらず、かなり脆い状態だった。当初、小さいため子供の骨と思われていたが、詳細な検討により成人の骨であることが判明した。

2005年に、既に発見されていた個体の右腕部分と新たな個体と考えられる下顎骨が発見された。その下あごの骨も他の個体と同様に小さく、小型のであるという説を強化するものとなっている。

分析[編集]

ホモ・フローレシエンシスの復元模型。国立科学博物館の展示。

孤立した島では、しばしばウサギより大型の動物の矮小化が起こる。同島にはステゴドン等数種類の矮小化した動物が存在した(これを島嶼化という。ただし、必ずしも小さくなるわけではない。逆に小型種は巨大の傾向を示す。フローレス島に生息するネズミは一般的なドブネズミの約2倍の大きさである)。

ただし、脳と体躯をつかさどる遺伝子は全く異なっており、体躯が小型化しても、脳はせいぜい2割程度までにしか小型化しないといわれている。その点からも、フローレシエンシスが新種の原人であるという点について反論がなされている。フローレシエンシスの脳容量は380ccといわれており、そうなると計算上、体重は2kgほどにならなければならず、この体重は、小型の猫や犬なみになってしまう。だがこの点について、マダガスカルの古代カバの研究により、島嶼化でより脳が小型化する可能性も指摘されている[5]

ホモ・フローレシエンシスは直接の祖先ホモ・エレクトス(84万年前ごろ生息)が矮小化したものと考えられているが、より原始的な祖先に起源を持つ可能性も示されており、ホモ・ハビリスから進化したという説もある[5][6]。脳容量は380立方センチで、平均的なエレクトスの半分程度、大型のチンパンジーよりも小さい。しかし背内側前前頭皮質の自意識に関する部分の大きさは、脳重量比では現代人と変わらず、火を使った形跡や化石から考えて、かなりの知能があったと考えられている。足は第一指が他の指と平行であり、つま先が伸縮可能な点が人類と共通であるが、第一指の小ささや長くカーブしている外側の指で体重を支える点はチンパンジーに近い。土踏まずは存在せず、現代人と比べ二足歩行は苦手だったと見られている[5][6]

共存[編集]

フローレス島には、3万5千年から5万5千年前頃より人類が住んでいたと考えられており、その場合、ホモ・サピエンス(現生人類)とフローレス人が同地域に共存していたことになる。

また地域は違うが、少し遡ればデニソワ人ネアンデルタール人、フローレス人、現生人類の4人類が同じ時代に存在していたことになる。

1万2千年前に起こったインドネシア火山の爆発で、フローレス人はステゴドン等と共に滅んだと考えられている。しかしながら、現地にエブ・ゴゴ (Ebu Gogo) という小さい毛深い洞窟人の伝説があり、16世紀にオランダ人が到着した際もその伝説を聞いており、19世紀ごろまで小人族を目撃したという話があった。近くのスマトラ島にも、オラン・ペンデク (Orang Pendek) という同様の種族の伝説があり、現代での目撃例もある。そのため、この付近の島々にホモ・フローレシエンシスが生き残っている可能性があると考える者もいる。[要出典]

議論[編集]

発見された骨は脳の異常な小ささから、小人症ピグミーのように矮小化した、あるいはクレチン症ラロン症候群といった発達障害をもった、ホモ・サピエンス・サピエンスの骨だと主張する研究者も多い。これに対しニューヨーク州立大学ストーニーブルック校ウィリアム・ユンゲルスや、ロンドン自然史博物館エレノア・ウェストンエイドリアン・リスターなどは、新たな研究からやはり新種人類であるという説を唱えている。だがペンシルベニア州立大学ロバート・エックハルは、新種人類説は以前の論文と矛盾し場当たり的だと批判している。ハーバード大学ダニエル・リーベルマンは、新種人類かを判定するにはさらなる化石が必要だと述べており、専門家の間でも評価は定まっていない。[5][6][7]

脚注・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ナショナルジオグラフィック記事「パラオ古代人ホビットやドワーフではなかった」
  2. ^ Brown, P.; Sutikna, T., Morwood, M. J., Soejono, R. P., Jatmiko, Wayhu Saptomo, E. & Rokus Awe Due (October 27, 2004). "A new small-bodied hominin from the Late Pleistocene of Flores, Indonesia.". Nature 431 1055-1061. DOI:10.1038/nature02999
  3. ^ Morwood, M. J.; Brown, P., Jatmiko, Sutikna, T., Wahyu Saptomo, E., Westaway, K. E., Rokus Awe Due, Roberts, R. G., Maeda, T., Wasisto, S. & Djubiantono, T. (13 October 2005). "Further evidence for small-bodied hominins from the Late Pleistocene of Flores, Indonesia". Nature 437: 1012-1017. DOI:10.1038/nature04022
  4. ^ Morwood, M. J.; Soejono, R. P., Roberts, R. G., Sutikna, T., Turney, C. S. M., Westaway, K. E., Rink, W. J., Zhao, J.- X., van den Bergh, G. D., Rokus Awe Due, Hobbs, D. R., Moore, M. W., Bird, M. I. & Fifield, L. K. (October 27, 2004). "Archaeology and age of a new hominin from Flores in eastern Indonesia.". Nature 431: 1087-1091. DOI:10.1038/nature02956
  5. ^ a b c d Marlowe Hood (2009年5月7日). “「ホビット」はヒトの新種、米英の研究者が論文で指摘”. AFPBBNews. http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2599993/4119109 2012年3月15日閲覧。 
  6. ^ a b c John Roach (2009年5月11日). “走りは苦手なホビット、やはり新種か”. ナショナルジオグラフィック ニュース. http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=5229628&expand 2010年2月16日閲覧。 
  7. ^ Rex Dlton, "Hobbit was 'a cretin'", Nature, 2008, 452, 12
  • K・ウォン (2005). 人類進化の定説を覆す小さな原人の発見.日経サイエンス 2005年4月号