ホモ・ハビリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホモ・ハビリス
絶滅 (EX)
Homo habilis.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目Primate
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : ヒト亜族 Hominina
: ヒト属 Homo
: ホモ・ハビリス'Homo habilis
学名
Homo habilis

ホモ・ハビリス(Homo habilis)は、230万年前から140万年前まで存在していたヒト属の一種。 "handy man"(器用な人)の意。中国語では「能人」という。

1964年タンザニアオルドヴァイルイス・リーキーによって発見された。現在分かっている限り最も初期のヒト属である。容姿はヒト属の中では現生人類から最もかけ離れており、身長は130cmと低く、不釣合いに長い腕を持っていた。ヒト科アウストラロピテクスから枝分かれしたと考えられている。脳容量は現生人類の半分ほどである。

研究史[編集]

ホモ・ハビリスの復元像(at the Westfälisches Museum für Archäologie, Herne)

関連項目[編集]