ヒト亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒト亜科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目) Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : ヒト上科 Hominoidae
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
学名
Homininae Gray1825

ヒト亜科(ひとあか、学名 Homininae)は、哺乳綱霊長目(サル目)ヒト上科ヒト科の1亜科である。

ヒト亜科の系統樹

その指す範囲は一定しないが、ここでは、ヒト族ヒト属及びチンパンジー属)とゴリラ族からなる系統とする。

この系統は、約1300万年前[1]オランウータン亜科オランウータンのみ)と分岐した。ギガントピテクス Gigantopithecus は、分岐後のヒト亜科側の基底付近に位置する可能性が高い。

下位分類[編集]

定義に関する諸説[編集]

以下のようにさまざまな説がある(広義から狭義へ、太字が本記事でのヒト亜科)。

  • 従来のヒト上科(人類と類人猿)をヒト科とし、ヒト亜科(人類と大型類人猿)とテナガザル亜科に分ける[2][3][4]
  • 従来のヒト上科(人類と類人猿)をヒト科とし、ヒト亜科(人類とアフリカ類人猿)とオランウータン亜科とテナガザル亜科に分ける[5]
  • ヒト科(人類と大型類人猿)を、ヒト亜科(人類とアフリカ類人猿)とオランウータン亜科に分ける[4][6]
  • ヒト科(人類と大型類人猿)を、ヒト亜科(人類とチンパンジー属)とゴリラ亜科とオランウータン亜科に分ける[7]
  • ヒト科(人類とアフリカ類人猿)を、ヒト亜科(人類とチンパンジー属)とゴリラ亜科に分ける。
  • ヒト科(人類とアフリカ類人猿)を、ヒト亜科(人類)とチンパンジー亜科とゴリラ亜科に分ける。
  • ヒト科(人類とチンパンジー属)を、ヒト亜科(人類)とチンパンジー亜科に分ける。

出典[編集]

  1. ^ DNA人類進化学〜3.ヒトがサルと分かれた日(遺伝学電子博物館) 宝来聰『DNA人類進化学』岩波科学ライブラリー52、1997年の図を解説。
  2. ^ Wolfe-Coote, Sonia, ed. (2005), “Definition of Primates Model”, The Laboratory Primate 
  3. ^ Bailey, Wendy J. (1991), “Molecular Evolution of the vq-Globin Gene Locus: Gibbon Phylogeny and the Hominoid Slowdown”, Mol. Bid. Evol. 8 (2): 155–184 
  4. ^ a b Lewin, Roger (2005), Human Evolution: An Illustrated Introduction, 5th ed. 
  5. ^ Campbell, Bernard Grant (2009), Human Evolution: An Introduction to Mans Adaptations, 4th ed. 
  6. ^ Andrews, Peter; Harrison, Terry (2005), “The Last Common Ancestor of Apes and Humans”, in Lieberman, D.E; Smith, R.J.; Kelley, J, Interpreting the Past: Essays on Human, Primate, and Mammal Evolution: In Honor of David. Pilbeam 
  7. ^ Cela-Conde, Camilo J.; Ayala, Francisco José (2007), Human evolution: trails from the past, Oxford University Press