ホモ・サピエンス・イダルトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホモ・サピエンス・イダルトゥ
生息年代: 更新世 , 0.16 Ma
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目Primate
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 catarrhini
上科 : ヒト上科 Homoinoidea
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : ヒト亜族 Hominina
: ヒト属 Homo
: ヒト H. sapiens
亜種 : イダルトゥ
idaltu
学名
Homo sapiens idaltu
White et al., 2003
発見場所

ホモ・サピエンス・イダルトゥ(またはイダルツ Homo sapiens idaltu)は、現生人類ホモ・サピエンス・サピエンスの直接の先祖であると考えられている。約16万年前の更新世東アフリカに生息していた。調査グループのメンバーである諏訪元は日本語でヘルト人と呼んでいる。

発見[編集]

ティム・ホワイト (Tim White)、東京大学の諏訪元らのグループがエチオピアのアファール低地 (Afar Depression) にあるアワッシュ川中流域 (Middle Awash) のヘルト・ボウリ (Herto Bouri) で1997年に発見し2003年に科学雑誌『ネイチャー』に発表した。保存の良好な頭蓋が3個体出土している。放射年代測定により、およそ16万年前と年代決定された。

系統関係[編集]

外形的特徴は古い形質を残しているが、レベルの違いではないと判断され、ホモ・サピエンスの亜種となった。ハイデルベルク人から進化したホモ・サピエンスの最古のものと解釈される。やや原始的な形質は残しているものの旧人段階ではなく、初期の新人段階にあると考えられる。現生人類の遺伝的多様性がきわめて小さいことは、人類のアフリカ単一起源説に基づけば、イダルトゥの1グループがボトルネック効果により選択された子孫であると説明される。

名称[編集]

イダルトゥは発見地エチオピアアファール語で「年長者」を意味する。日本語のヘルト人は発見地の地名を採っている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • White T. et al. (2003). "Pleistocene Homo sapiens from Middle Awash, Ethiopia". Nature 423 (6491): 742-7. DOI:10.1038/nature01669.
  • 諏訪元 (2006).化石から見た人類の進化.石川統他(編),シリーズ進化学5 ヒトの進化,岩波書店 ISBN 4-00-006925-X