パラントロプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラントロプス
Paranthropus boisei.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : ヒト亜族 Hominina
: パラントロプス属 Paranthropus
学名
Paranthropus Broom1938

パラントロプス (Paranthropus) は、東アフリカ南アフリカに生息していた化石人類の属である。パラントロプスとは、「人のそばに」という意味。

同時代の初期ホモ属や、やや古い後期アウストラロピテクスとは頑丈型として区別されるグループで、発達した側頭筋を持ち、堅い食物を摂取する方向に進化したと思われる。

年代[編集]

200〜120万年前にかけて生息した。

かなり長期間、初期のホモ属と同時期に生息していたが、100万年ほど前に絶滅したと考えられている。

特徴[編集]

体長は1.3から1.4mで、華奢型アウストラロピテクスよりひと回り大きい。脳もいくらか大きめである。

形態的には、アウストラロピテクスよりヒト的な特徴は減少しており、堅い食物を咀嚼するため、高く厚い下顎と太い側頭筋、それを通すために張り出した頬骨弓および大型の臼歯など頑丈な咀嚼器を有している。硬い植物性の食物、根などを常食としていたと考えられる。

分類[編集]

かつてP.ボイセイとP.ロブストスのみが発見されていたころ、パラントロプスはアウストラロピテクスの系統の中で徐々に頑丈化した一つの分枝にすぎず、アウストラロピテクス属に含めるべきだとする説が現れた。

しかし、パラントロプス最古かつ非常に頑丈なP.エチオピクスが発見されると、パラントロプスは始めから頑丈型として登場したということが明らかになり、従来の系統仮説は疑問視され(ただし祖先がA・アファレンシスなど初期アウストラロピテクスである可能性は高い)、パラントロプスを独立した属とする説がふたたび主流となった。

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]