アウストラロピテクス・セディバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウストラロピテクス・セディバセディバ猿人Australopithecus sediba)は、哺乳類霊長目サル目ヒト科の絶滅したであり、化石人類の一種である。 2008年に南アフリカ共和国マラバ地方の洞窟で発見された10代前半の少年と30歳前後の女性だった。骨格の分析から、樹上生活していたが直立歩行と道具の使用が可能であったという。 約180万年前と見られているが、今後の研究で数十万年さかのぼることもあり得るという。発見者はホモ・ハビリスか、ホモ・エレクトスの直接の祖先にあたる可能性があるとする。

参考文献[編集]

関連項目[編集]