道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

道具(どうぐ)とは、

  • 修行の用[1]
  • 物をつくったり、あるいはなにかを行うために用いる器具の総称[1]

概説[編集]

石器のように、切る、叩く、などして他に直接作用するものから始まり、近代のスイッチのように何かに間接的に作用するものまで広く発展している。[要出典]人類は道具を作り、使いこなし、さらに発展させる能力を持ち、これによって複雑な文明を形作ってきた。道具は文化の重要な側面の一つである。

道具の分類として道具を作るための道具を「二次道具」として区別する説[誰?][いつ?]がある。かつては「道具を使うのはヒトだけ」と言われた。だが現在では動物が道具を使用する例も多く知られており、特にチンパンジーは何通りもの道具を使うことが知られている。カラスが木の枝を釣り針のように加工して毛虫をつる行動が確認されている[要出典]。そこで、そのような道具と人間の道具を比較した結果、「二次道具を使うのはヒトだけ[要出典]」と言うようになった。

簡単な道具を用いて手作業で行われる工業手工業という。

道具の分類[編集]

様々な工具
文具店に並べられた文房具のかずかず

道具はその使用する目的・分野に応じて分類することが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ a b 広辞苑第五版 p.1875「道具」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]