馬具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

馬具(ばぐ)とは、人間ウマを制御するためにウマに装着させる道具のことをいう。

馬具[編集]

競走馬用の馬具[編集]

競馬においては、競走馬をレースに集中させたり負傷を防ぐためにさまざまな馬具が用いられる[1]

メンコ[編集]

メンコを装着した競走馬
パシファイアーのついたメンコを装着した競走馬(フジマサチャンプ)
赤いチークピーシーズ着用した競走馬(パーフェクトジョイ)

競走馬の頭部につける覆面[1]。英語ではhoodとも言う。本来は周囲の音に対して敏感な競走馬につけて音を聞こえにくくするためのもの(耳を覆う部分を耳覆いという[1])である[1]が、装飾として装着されることもある。耳覆いのないメンコのことを鼻頭という[1]。デザインは勝負服に合わせたり、厩舎オリジナルの物があったり多種多様である。また障害競走に出走する馬のメンコは、障害飛越時の衝撃でメンコがずれて前が見えなくならないように目の部分が大きくなっている。日本では目にする機会の多い馬具であるが、海外における使用頻度はそれほど高くない。

周囲の音が聞き取りづらくなるため、馬によっては却って不安を高めてしまう可能性もある。元JRA騎手の岡部幸雄は現役時代、これを理由にメンコの着用に否定的だった。反面、現役のJRA騎手である武豊はメンコの効果を認める発言をしている。

ブリンカー[編集]

競走馬の目を覆う馬具で遮眼革(しゃがんかく)とも呼ぶ[1]。後方の視野を奪い[1]、競走馬の意識を前方へ集中させることが目的。レースで他の馬や地面に映る影を怖がる馬やよそ見をする馬に用いられ[1]、馬の個性によっては片側の目だけを覆う場合もある[1]。ブリンカーつきのメンコもある。なおブリンカーを装着する馬は出馬表にBと表記される[1]。これを装着することによって前走から一変する馬も少なくない。出馬表に表記される馬具は基本的にブリンカーのみである。障害競走では、飛越の際に目測を誤る危険性が高いことから装着を禁じられている。 主にメンコとセットで使用するものである。

初めて装着したレースで最も大きな効果を発揮するといわれ、そのことを表す言葉として英語では「ファーストタイム・ブリンカー」、日本語では「初ブリ」がある[2]

パシファイアー[編集]

語源は英語の"pacifier"(なだめる人、調停者の意)。ホライゾネットともいう[3]。網目状のブリンカー[3]。レース中に他の馬が蹴って跳ね上がった砂が目に入るのを防ぐためのものであるが、装着すると視野が制限されレースに集中する効果が生まれることもある[3]。パドックなどでは装着していても、レース中に装着する馬はそこまで多くない。

チークピース[編集]

目の外側、頬の位置につけ、横および後方の視覚を奪うための馬具[3]。見える範囲はシャドーロールとほぼ同じ。通常左右2つ付けるため複数形でチークピーシーズ(または「チークピーシズ」)と呼ぶ。オーストラリアンブリンカーサイドバーンズ(もみあげの意)とも呼ばれる。

シャドーロール[編集]

競走馬の鼻梁に装着し、下方の視界を遮るために使用する矯正用の馬具。詳細についてはシャドーロールを参照。

ブロウバンド[編集]

馬の額につけるシャドーロール。上方の視界を遮るために使用する。

バンテージ[編集]

包帯状のテープ。肢巻ともいう[3]。競走馬の脚部に巻き、外傷から保護するために用いられる[3]。腱や靭帯を保護するためサポーターやテーピング代わりに装着されることもある[3]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 池田2010、172頁。
  2. ^ 矢作2008、144頁。
  3. ^ a b c d e f g 池田2010、173頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]