埴輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福島県原山1号墳出土の埴輪群。 右から盾持人、盛装の女子(巫女)、力士、琴を弾く男子、冠を被る男子(2体)、後列は円筒埴輪

埴輪(はにわ)とは、日本古墳時代に特有の素焼の焼き物[1]古墳上に並べ立てられた。日本各地の古墳に分布している。

概要[編集]

子持家(宮崎県西都市出土)東京国立博物館蔵、重要文化財

埴輪は、3世紀後半から6世紀後半にかけて造られ、前方後円墳とともに消滅した。基本的に中空である。造り方は粘土で紐を作り、それを積み上げていきながら形を整えた。時には、別に焼いたものを組み合わせたりしている。また、いろいろな埴輪の骨格を先に作っておき、それに粘土を貼り付けるなどした。型を用いて作ったものはない。中心的な埴輪には、表面にベンガラなどの赤色顔料を塗布した。畿内では赤以外の色はほとんど用いられなかったが、関東地方では、形象埴輪にいろいろな彩色が施されている。

埴輪は、古墳の憤丘や造り出しなどに立て並べられた。

埴輪は、大きく円筒埴輪と形象埴輪の2種類に区分される。さらに、形象埴輪を大きく分けると家形埴輪、器財埴輪、動物埴輪、人物埴輪の四種がある。

形象埴輪からは、古墳時代当時の衣服・髪型・武具・農具・建築様式などの復元が可能である。

起源[編集]

武装男子立像(群馬県太田市出土)東京国立博物館蔵、国宝
馬形埴輪(東京国立博物館

埴輪の起源は、弥生時代後期後葉の吉備地方の首長の墓であると考えられている弥生墳丘墓(例えば、楯築墳丘墓)から出土する特殊器台・特殊壺(特殊器台型土器・特殊壺型土器とも呼称される)であるといわれている。[2]

3世紀中葉〜後葉になると、前方後円墳(岡山市都月坂1号墳、桜井市箸墓古墳、兵庫県たつの市御津町権現山51号憤)から最古の円筒埴輪である都月型円筒埴輪が出土している[3]。この埴輪の分布は備中から近江までに及んでいる。 最古の埴輪である都月形円筒埴輪と最古の前方後円墳の副葬品とされる大陸製の三角縁神獣鏡とが、同じ墓からは出土せず、一方が出るともう一方は出ないことが知られていた。しかし、ただ一例、兵庫県たつの市御津町の前方後円墳権現山51号墳では後方部石槨から三角縁神獣鏡が5面、石槨そばで都月型円筒埴輪が発見されている。

なお、前方後円墳の出現は、ヤマト王権の成立を表すと考えられており、前方後円墳に宮山型の特殊器台・特殊壺が採用されていることは、吉備地方の首長がヤマト王権の成立に深く参画したことの現れだとされている。吉備勢力の東遷説もある。

日本書紀』垂仁紀には、野見宿禰(のみのすくね)が日葉酢媛命の陵墓へ殉死者を埋める代わりに土で作った人馬を立てることを提案したとあり、これを埴輪の起源とする。しかし、考古学的に上記のような変遷過程が明らかとなっており、この説話は否定されている。

変遷[編集]

古墳時代前期初頭(3世紀中葉〜後葉)には、円筒形または壺形、少し遅れて器台の上の壺を乗せた形の朝顔形埴輪などの円筒埴輪が見られた。これら筒形埴輪は、地面に置くだけではなく、脚部を掘った穴に埋めるものへと変化した。前方後円墳の広がりとともに全国に広がった。

前期前葉(4世紀前葉)には、これらの埴輪とは別の系統に当たる家形埴輪のほか、蓋(きぬがさ)形埴輪や盾形埴輪をはじめとする器財埴輪、鶏形埴輪などの形象埴輪が現れた。初現期の形象埴輪については、どのような構成でどの場所に建てられたか未だ不明な点が多い。その後、墳頂中央で家型埴輪の周りに盾形・蓋形などの器財埴輪で取り巻き、さらに円筒埴輪で取り巻くという豪華な配置の定式化が4世紀後半の早い段階で成立する。そこに用いられた円筒埴輪は胴部の左右に鰭を貼り付け鰭付き円筒埴輪である。

さらに、古墳時代中期中葉(5世紀中ごろ)からは、巫女などの人物埴輪やなどの動物埴輪が登場した。またこの頃から、埴輪の配列の仕方に変化が現れた。それは、器財埴輪や家形埴輪が外側で方形を形作るように配列されるようになった。あるいは、方形列を省略することも行われている。さらに、靭形埴輪の鰭過度に飾り立てるようになったり、家型埴輪の屋根部分が不釣り合いに大型化したりするようになる。

畿内では古墳時代後期(6世紀中ごろ)、次第に埴輪は生産されなくなっていく。しかし、関東地方においては、なおも埴輪の生産が続けられた。なかでも、埼玉県鴻巣市生出塚遺跡は当該期の東日本最大級の埴輪生産遺跡として知られる。

意義[編集]

元々、吉備地方に発生した特殊器台形土器・特殊壺形土器は、墳墓上で行われた葬送儀礼に用いられたものであるが、古墳に継承された円筒埴輪は、墳丘や重要な区画を囲い込むというその樹立方法からして、聖域を区画するという役割を有していたと考えられる。

家形埴輪については、死者の霊が生活するための依代(よりしろ)という説と死者が生前に居住していた居館を表したものという説がある。古墳の埋葬施設の真上やその周辺の墳丘上に置かれる例が多い。

器財埴輪では、蓋が高貴な身分表象するものであることから、蓋形埴輪も同様な役割と考えられているほか、甲冑などの武具や武器形のものは、その防御攻撃といった役割から、悪霊災いの侵入を防ぐ役割を持っていると考えられている。

人物埴輪や動物埴輪などは、行列や群像で並べられており、葬送儀礼を表現したとする説、生前の祭政の様子を再現したとする説などが唱えられている。このような埴輪の変遷は、古墳時代の祭祀観死生観を反映しているとする見方もある。

埴輪の例[編集]

猿(茨城県行方市出土)東京国立博物館蔵、重要文化財
船(三重県松阪市宝塚1号墳出土)松阪市蔵、重要文化財
女子倚像(群馬県大泉町古海出土)東京国立博物館蔵、重要文化財

国宝・重要文化財[編集]

※(*)印は国宝、他は重要文化財。
※古墳出土品などの一括遺物に含まれる埴輪は割愛した。

その他の著名な埴輪[編集]

その他[編集]

  • 江戸時代になると、各地で出土した埴輪は記録され、絵図として残された(中には写実性に欠ける絵もある)。現在、こうした古文書の記録は重要な資料となっている。文書記録だけで現存しない埴輪もあることから江戸時代の記録は各地の郷土資料としては貴重である。また、当時は埴輪と呼称せず、瓦偶人(がぐうじん)と記した(当然、人物埴輪に対してのみの呼称である。)。
  • なお、1870年(明治3年)板刻の『上代衣服考』には武州児玉郡若泉山所掘出物の絵がみられる[5]。これは上代の衣服を考察したものである。

切手[編集]

普通切手の意匠

  • 1966年(昭和41年)7月1日発売 65円
  • 1968年(昭和43年)7月20日発売 刷色変更

兵士

  • 1974年(昭和49年)11月11日発売 200円
  • 1976年(昭和51年)1月25日発売 刷色変更
  • 2010年(平成22年)11月29日書体変更の発表
  • 1989年(平成元年)6月1日発売 210円 200円と同図案の刷色違い

脚注[編集]

  1. ^ ただし、木製の埴輪も多数発掘されている
  2. ^ 近藤義郎(2001)
  3. ^ 都月坂1号墳は、憤丘長約33メートル
  4. ^ 俗に踊る埴輪と呼称されるタイプだが、研究者の間では、馬に寄りそい、馬をひく人物埴輪と認知されており、馬飼とみられる(こうした馬飼埴輪には、共通して足の表現がない)。
  5. ^ 豊田長敦『上代衣服考』吉川弘文堂(日本随筆大成 巻4) 1927年(昭和2年)43 頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]