港川人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
港川人の復元模型。国立科学博物館の展示[1]

港川人(みなとがわじん)は、およそ1万7000年前に存在していたとされている人類

港川人(港川1号)の化石(レプリカ)。国立科学博物館の展示。

1967年沖縄県島尻郡具志頭村港川(現在の八重瀬町字長毛)の海岸に近い石切場で骨が発見された。この人骨は、約1万7000年から8000年頃ものだと推定されている。

身長は男性で約153〜155cm、女性で約144cm。全体的に小柄で腕は細めで胴長なのに対して手は大きく、下半身がしっかりとしていたとされている。また、顎ががっしりしていて、硬いものも食べていたとされている。

かつて港川人は縄文人の祖先ではないかと考えられてきたが、最新の研究で、港川人を縄文人の祖先とする考えに疑問を投げかけるような分析結果が出ている。港川人は現在の人類ならば、オーストラリア先住民やニューギニアの集団に近い。 科博の海部陽介研究主幹は「港川人は本土の縄文人とは異なる集団だったようだ。港川人は5万〜1万年前の東南アジアやオーストラリアに広く分布していた集団から由来した可能性が高い」と語った。その後に、農耕文化を持った人たちが東南アジアに広がり、港川人のような集団はオーストラリアなどに限定されたと考えられる[2][3]

沖縄県立博物館・美術館には「港川人復元像」が所蔵されている。また、八重瀬町立具志頭歴史民族資料館には、常設展示の1つとして港川人コーナーがあり、全身骨格のレプリカやこれまでの研究成果が紹介されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]