足利将軍一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

足利将軍一覧(あしかがしょうぐん いちらん)では、室町幕府(足利幕府)征夷大将軍の15人を一覧にして概説する。

3代将軍の足利義満が大臣となって以降、歴代の将軍は大臣を兼ねる(または没後に贈官される)場合が多くなり、この慣例は後の徳川将軍家にも受け継がれている。

一方で南北朝・戦国と動乱の時代の将軍家であったため、波乱に満ちた生涯を送った将軍が多く、幕府所在地(京都)を追われた将軍が7人(尊氏・義詮・義稙・義澄・義晴・義輝・義昭)、幕府所在地以外の地で没した将軍が6人(義尚・義稙・義澄・義晴・義栄・義昭)、暗殺された将軍が2人(義教・義輝)、更迭された将軍が3人4回(尊氏[1]・義稙が2回・義澄)、そもそも幕府所在地に入れなかった将軍が1人(義栄)いる。

代数は一般的に「15代(15人)」とされる場合がほとんどであるが、第10代(10人目)の足利義材(足利義稙)が一度将軍職を追われた後に再び将軍職に就いており、しかも曲がりなりにも就任(任命)と解任(辞任)の正式な手続きが踏まれているため、正確には16代15人とするのが正しい[2]

一覧[編集]


氏名
肖像
院号
官位
在職
期間
出身家
享年
墓所
01 あしかが たかうじ
足利尊氏
(初め高氏)

 
Ashikaga Takauji Jōdo-ji.jpg とうしいん/等持院 02-00/正二位
権大納言
1338-建武5年8月11日 - 延文3年4月30日
1338年 - 1358年
19年 8か月 足利氏 54 とうしいん/等持院
02 あしかが よしあきら
足利義詮
 
Ashikaga Yoshiakira.jpg ほうきょういん/寶篋院 02-00/正二位
権大納言
1358-延文3年12月8日 - 貞治6年12月7日
1358年 - 1367年
09年 足利氏 38 ほうきよういん/宝筐院
03 あしかが よしみつ
足利義満
 
Yoshimitsu Ashikaga cropped.jpg ろくおんいん/鹿苑院 01-10/従一位
1/太政大臣
1368-応安元年12月30日 - 応永元年12月17日
1368年 - 1394年
26年 足利将軍家 51 しようこくし/相国寺
04 あしかが よしもち
足利義持
 
Ashikaga Yoshimochi.jpg しようしよういん/勝定院 01-10/従一位
3/内大臣
1394-応永元年12月17日 - 応永30年3月18日
01394年 - 1423年
28年 4か月 足利将軍家 43 𘚟/-
05 あしかが よしかず
足利義量
 
Ashikaga Yoshikazu.JPG ちようとくいん/長得院 04-02/正四位下
参議右近衛権中将
1423-応永30年3月18日 - 応永32年2月27日
1423年 - 1425年
01年 11か月 足利将軍家 19 𘚟/-
0
(代)
あしかが よしもち
足利義持
 
Ashikaga Yoshimochi.jpg しようしよういん/勝定院 01-10/従一位
内大臣
-
1394-応永32年2月27日 - 応永35年1月18日
01425年 - 1428年
(※義量早世に伴う将軍代理[3]。)
2年 11か月 あしかがしょうぐんけ/足利将軍家- 43- 𘚟/-
06 あしかが よしのり
足利義教
(初め義宣)

 
Ashikaga Yoshinori.jpg ふこういん/普広院 01-10/従一位
2/左大臣
1429-正長2年3月15日 - 嘉吉元年6月24日
1429年 - 1441年
12年 3か月 足利将軍家 48 しゆうねんし/十念寺
07 あしかが よしかつ
足利義勝
 
Ashikaga Yoshikatsu statue.jpg けいうんいん/慶雲院 04-12/従四位下
左近衛中将
1442-嘉吉2年11月7日 - 嘉吉3年7月21日
1442年 - 1443年
00年 8か月 足利将軍家 10 あんこくし/安国寺
08 あしかが よしまさ
足利義政
(初め義成)

 
Ashikaga Yoshimasa detail.jpg ししよういん/慈照院 01-10/従一位
2/左大臣
1449-文安6年4月29日 - 文明5年12月19日
1449年 - 1473年0
24年 8か月 足利将軍家 55 しようこくし/相国寺
09 あしかが よしひさ
足利義尚
(晩年は義煕)

 
Ashikaga Yoshihisa.jpg しようとくいん/常徳院 01-10/従一位
3/内大臣
1473-文明5年12月19日 - 長享3年3月26日
01473年 - 1489年
15年 4か月 足利将軍家 25 しようこくし/相国寺
0
(代)
あしかが よしまさ
足利義政
 
Ashikaga Yoshimasa detail.jpg ししよういん/慈照院 01-10/従一位
左大臣
-
1394-長享3年3月26日 - 延徳2年1月7日
01489年 - 1490年
(※義尚早世に伴う将軍代理)
00年 9か月 あしかがしょうぐんけ/足利将軍家- 55- 𘚟/-
010 あしかが よしき
足利義材
(のちの義稙)

 
Ashikaga Yoshitane statue.jpg けいりんいん/恵林院 01-10/従一位
権大納言
1490-延徳2年7月5日 - 明応2年6月29日
1490年 - 1493年0
03年 足利氏 58- さいこうし/西光寺-
11 あしかが よしずみ
足利義澄
(初め義高)

 
Ashikaga Yoshizumi statue.jpg ほうしゆういん法住院 03-10/従三位
参議2/
1494-明応3年12月27日 - 永正5年4月16日
01494年 - 1508年
13年 4か月 堀越公方家 32 𘚟/-
10
(再)
あしかが よしたね
足利義稙
(初め義尹)

 
Ashikaga Yoshitane statue.jpg けいりんいん/恵林院 01-10/従一位
権大納言
-
1508-永正5年7月1日 - 大永元年12月25日
1508年 - 1521年00
13年 6か月 あしかがし/足利氏- 58- さいこうし/西光寺-
12 あしかが よしはる
足利義晴
 
足利義晴.jpg はんしよういん/萬松院 03-10/従三位
権大納言
1521-大永元年12月25日 - 天文15年12月20日
1521年 - 1546年
25年 足利将軍家 40 よしはるしそうし/義晴地蔵寺
13 あしかが よしてる
足利義輝
(初め義藤)

 
Ashikaga Yoshiteru.jpg こうけんいん/光源院 03-10/従三位
参議1/左近衛中将
1546-天文15年12月20日 - 永禄8年5月19日
001546年 - 1565年
18年 5か月 足利将軍家 30 𘚟/-
14 あしかが よしひで
足利義栄
(初め義親)

 
Ashikaga Yoshihide.JPG こうとくいん/光徳院 05-12/従五位下
左馬頭
1568/02-永禄11年2月8日 - 9月末000   
1568年 - 1568年)
00年 8か月 平島公方家 29 さいこうし/西光寺
15 あしかが よしあき
足利義昭
(初め義秋)

 
Yoshiaki.jpg れいよういん/霊陽院 03-10/従三位
権大納言
1568/10-永禄11年10月18日 - 天正16年1月13日
001568年 - 1588年[4]
19年 3か月 足利将軍家 61 𘚟/-

脚注[編集]

  1. ^ 南朝方から将軍職を更迭。
  2. ^ 実際に、同じ室町幕府の役職である管領については代数を人数と分けて数えられており、後世の内閣総理大臣も代数と人数が明確に分けて数えられている。どのような事情で足利将軍の場合だけ代数と人数を混同して数えるようになったのかは判然としない。
  3. ^ 義持には義量のほかに男子がなく、将軍が不在となってしまうため、前将軍である義持が僧体の身でありながらも将軍職を代行する形で再び幕政を統括する事になった。但し、10代義稙とは異なって「将軍職再任」ではないため、代数に数えていない。また、「代理」と表現しているのは、実質的に将軍と見られており、実際に公方様・室町殿・御所様と呼称されていたためである。尚、義持死後に空白期間があるのは次の義教(初め義宣)が将軍宣下を行っていなかったためである。
  4. ^ 一般には元亀4年(1573年)の織田信長による京都追放の時点をもって幕府機構の解体(滅亡)と見なされているが、名目上は天正16年(1588年)に豊臣秀吉への忠誠を誓うまで征夷大将軍に在職していた(『公卿補任』)。

関連項目[編集]