足利義輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
足利義輝
Ashikaga Yoshiteru.jpg
足利義輝像(国立歴史民俗博物館蔵)
時代 室町時代後期(戦国時代
生誕 天文5年3月10日1536年3月31日
死没 永禄8年5月19日1565年6月17日
改名 菊童丸(幼名)→義藤(初名)→義輝
別名 剣豪将軍(渾名)
戒名 光源院融山道圓
官位 従五位下、正五位左馬頭
従四位征夷大将軍参議左近衛中将従三位
従一位左大臣
幕府 室町幕府 第13代征夷大将軍
氏族 足利将軍家
父母 父:足利義晴、母:慶寿院近衛尚通の娘)
猶父:近衛尚通
兄弟 義輝義昭周暠
正室近衛稙家の娘
側室:小侍従[1]
輝若丸、女子(耀山、宝鏡寺住持)
女子(伝山性賢、宝鏡寺住持)
天誉(足利義高)?、尾池義辰?

足利 義輝(あしかが よしてる)は、室町時代後期(戦国時代)の室町幕府第13代征夷大将軍(在職:1546年 - 1565年)。

生涯[編集]

少年期[編集]

天文5年(1536年)3月10日、第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれる。幼名菊童丸。誕生直後に外祖父・近衛尚通猶子となる(『後法成寺関白記』天文5年3月11日・4月6日条)。

この頃の幕府では父・義晴と管領細川晴元が対立し、義晴はそのたびに敗れて近江坂本に逃れ、菊童丸もそれにたびたび従った。その後も父と共に京への復帰と近江坂本・朽木への脱出を繰り返した。

天文15年(1546年)12月、菊童丸はわずか11歳にして、父から将軍職を譲られる。このときの将軍就任式は亡命先である近江坂本の日吉神社(現日吉大社)祠官樹下成保の第で行われ、六角定頼烏帽子親として元服し、義藤(よしふじ)と名乗った。同17年(1548年)、義晴は晴元と和睦して京に戻った。このとき晴元も義藤の将軍就任を承諾している。

三好長慶との戦い[編集]

ところが、晴元の家臣で、畿内に一大勢力を築きつつあった三好長慶が晴元を裏切って細川氏綱陣営に転属。天文18年(1549年)6月、江口の戦いで長慶に敗れた晴元によって義晴・義藤父子は、京都から近江坂本へ退避し、常在寺に留まった。同19年(1550年)5月、義晴が常在寺にて死去。義輝は父が建設を進めていた中尾城で三好軍と対峙したが、戦局が好転しないまま11月に中尾城を自焼して堅田へ逃れ(中尾城の戦い)、翌年に朽木へ移った。

天文21年(1552年)1月、細川氏綱を管領にするという条件で三好長慶と和睦し、京に戻った。ただし将軍とは有名無実で、長慶とその家臣松永久秀の傀儡であった。翌年(1553年)に晴元と協力して長慶との戦端を開くも敗退。再び近江朽木へ逃れ、以降5年間をこの地で過ごした。なお、亡命中の同23年(1554年)2月12日、名を義輝に改めている。 なお年号が永禄に改元された際、朽木谷にいた義輝は改元を知るのに3か月かかり、それまで古い年号の弘治を使用し続けることとなり、朝廷に抗議している。

永禄元年(1558年)5月、六角義賢(承禎)の支援で晴元とともに坂本に移り、京の様子を窺う。翌月、如意ヶ嶽に布陣して三好長逸らの軍と交戦した。一時期は六角義賢の支援を受けた足利方が優勢であったが、長慶の弟・三好義賢の反攻を受け、さらに六角義賢からも支援を打ち切られたために戦況は思うように展開しなかった(北白川の戦い)。11月、六角義賢の仲介により長慶との間に和議が成立したことに伴って、5年ぶりの入洛が実現し、幕府政治を再開。この年の12月28日には、伯父である近衛稙家の娘を正室に迎えている。

長慶はなお権勢を誇り、幕府の御相伴衆に加えられ、さらに修理大夫に推挙されたが、同時に臣下として幕府機構に組み込まれることとなった。また、長慶はたびたび暗殺未遂事件に遭遇しているが、義輝の差し金であったとされる。

将軍親政[編集]

足利義輝木像(等持院霊光殿所蔵)

義輝は幕府権力と将軍権威の復活を目指し、諸国の戦国大名との修好に尽力している。伊達晴宗稙宗(天文17年(1548年))、武田晴信長尾景虎(永禄元年(1558年))、島津貴久大友義鎮毛利元就尼子晴久(同3年(1560年))、毛利元就と大友宗麟(同6年(1563年))、上杉輝虎(長尾景虎改め)と北条氏政と武田晴信(同7年(1564年))など、大名同士の抗争の調停を頻繁に行い、将軍の威信を知らしめた。

また懐柔策として、大友義鎮を筑前・豊前守護、毛利隆元を安芸守護に任じ、三好長慶・義長(義興)父子と松永久秀には桐紋使用を許した。さらに自らの名の偏諱(1字)を家臣や全国の諸大名などに与えた。例えば、「藤」の字を細川藤孝(幽斎)や筒井藤勝(順慶)、足利一門の足利藤氏藤政などに、「輝」の字を毛利輝元伊達輝宗・上杉輝虎(謙信)などの諸大名や足利一門、藤氏・藤政の弟である足利輝氏などに与えた。また島津義久武田義信などのように足利将軍家の通字である「義」を偏諱として与える例もあった(詳しくは後述、偏諱を与えられた人物の節を参照のこと)。

その政治的手腕は、「天下を治むべき器用有」(『穴太記』)と評された。このような経緯を経て、次第に諸大名から将軍として認められるようになり、織田信長や上杉謙信などは上洛して拝謁、大友宗麟は鉄砲を献上している。

永禄年間には信濃国北部を巡る甲斐国の武田信玄と越後国の長尾景虎(上杉謙信)との川中島の戦いが起きており、義輝は両者の争いを調停し、永禄元年(1558年)には信玄を信濃守護に補任するが信玄はさらに景虎の信濃撤退を求め、義輝は景虎の信濃出兵を認め、永禄4年には信玄に駆逐され上方へ亡命していた前信濃守護・小笠原長時の帰国支援を命じている。また相伴衆を拡充し、毛利元就毛利隆元大友義鎮斉藤義龍今川氏真三好長慶三好義興武田信虎らを任じた。

治世[編集]

斯波氏武衛陣・足利義輝邸遺址

永禄元年(1558年)の義輝の帰京以降も三好長慶の権勢は続いたが、それに反発する畠山高政と六角義賢が畿内で蜂起し、一族の三好義賢が戦死する(久米田の戦い)と、三好氏に衰退の兆しが見え始めた。こうした中、永禄5年(1562年)長慶と手を結び幕政を壟断していた政所執事の伊勢貞孝が長慶と反目すると、義輝は長慶を支持してこれを更迭し、新しく摂津晴門を政所執事とした。これに激怒した貞孝は反乱を起こしたが、9月に長慶の手で討たれた。これによって、将軍の介入すら許さないほどの影響力を保持し続けてきた伊勢氏による政所支配は歴史に幕を閉じ、将軍による政所掌握への道を開いた。

永禄2年(1559年)、大友義鎮を九州探題に任命し、九州の統治を委ねた(もともと、九州探題は足利氏一族の渋川氏が世襲していたが、少弐氏と大内氏の抗争に巻き込まれてすでに断絶していた)。このため、これを補うための補任であった。大友家は九州において、足利将軍家に最も親しい有力守護大名である(この時大友義鎮は豊後・豊前・筑後・筑前・肥後・肥前の守護および日向の半国守護を兼ねていた)。

永禄7年(1564年)7月に長慶が病死。長年の政敵が消滅した義輝はこれを好機として、いよいよ中央においても幕府権力の復活に向けてさらなる政治活動を行なおうとした。

最期[編集]

しかし、長慶の死後に幕政を牛耳ろうと目論んでいた松永久秀三好三人衆にとっては、そのような義輝は邪魔な存在であった。

久秀と三人衆は足利義稙の養子・足利義維(義輝の叔父)と組み、義輝を排除して、義維の嫡男・義栄(義輝の従兄弟)を新将軍の候補として擁立する。一方で義輝が頼みとする近江六角氏は永禄6年(1563年)の観音寺騒動以降、領国の近江を離れられなくなっていた。

永禄8年(1565年)5月19日、久秀と三好三人衆は主君・三好義継(長慶の養嗣子)とともに義栄を奉じて謀叛を起こし、二条御所を軍勢を率いて襲撃した(永禄の変)。義輝は名刀三日月宗近等を振るって奮戦したが衆寡敵せず、最期は寄せ手の兵たちが四方から畳を盾として同時に突きかかり、殺害された[2]。 享年30(満29歳没)。この時、摂津晴門の嫡子・糸千代丸も一緒に討ち死にした。また、義輝の生母である慶寿院も殉死している。

辞世の句は「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

年表[編集]

※ 日付=旧暦

  • 天文15年(1546年
    • 7月27日、従五位下に叙す。
    • 11月19日、正五位下に昇叙し、左馬頭に任官。
    • 12月19日、元服し、義藤を名乗る。
    • 12月20日、従四位下征夷大将軍宣下。
  • 天文16年(1547年
    • 2月17日、参議に補任し、左近衛中将を兼任。
  • 天文23年(1554年
    • 2月12日、従三位に昇叙し、名を義輝と改める。
  • 永禄8年(1565年
    • 5月19日、薨去。
    • 6月7日、贈従一位、左大臣。

人物[編集]

  • 塚原卜伝から指導を受けた直弟子の一人である[3]。奥義「一之太刀」を伝授されたという説もあり、鎌倉から江戸までの歴代征夷大将軍の中でも、最も武術の優れた人物ではないかと言われている。ただし卜伝はこの他に北畠具教や細川藤孝などにも授けており、必ずしも奥義を極めたとは断言できない[4]。また、上泉信綱からも指導を受けたのではないかと言われている[5]。ちなみに、弓馬は信濃を追われた小笠原長時から指南されていた。
  • 松永久秀らに二条御所で襲われた際、将軍家秘蔵の刀を数本畳に刺し、刃こぼれするたびに新しい刀に替えて寄せ手の兵と戦ったという。この最後の奮戦を讃えて、現代において「剣豪将軍」と称される場合もある。
  • 室町幕府の歴代将軍の中でも特に覇気に溢れ、武士らしい将軍と讃えられている。その政治活動により、一時的とはいえ将軍権威が復活したことにおいて、その努力は評価に値する。
  • 義輝は武衛陣(斯波武衛家旧邸)に室町幕府の拠点を移した将軍としても知られる。斯波武衛家の旧邸は室町中御門にあり、義輝の御所は室町中御門第とよばれる。のちに大規模に拡張され、石垣で囲まれた城郭風の外観となったため、旧二条城と呼ばれることもある。
  • 皮肉にも、自らが暗殺されたことにより将軍の権威は地に堕ちた。辞世の句にも、野心と無念が窺える。
  • 天文23年(1554年)には大友氏から鉄砲火薬の秘伝書(『鉄放薬方并調合次第』)を手に入れたり、永禄3年(1560年)にはガスパル・ヴィレラキリスト教の布教を許している。これは義輝個人の嗜好と言うよりも、三好氏との対抗上、もしくは三好氏の意向を受けての裁可である可能性が高い。
  • 永禄8年(1565年)、正親町天皇は京都からイエズス会を追放するよう命令したが、義輝はこの命令を無視した[6]

系譜[編集]

一般には一男一女とされ、息子は輝若丸(永禄5年(1562年)4月生 - 同年7月15日没)のみであるが、非公式に義輝の息子といわれる人物が2名知られている。

  • 細川藤孝の孫で熊本藩主となった忠利は、讃岐国高松藩生駒氏の下で閑居していた義辰(尾池玄蕃、義輝と烏丸氏との遺児といわれる)を探し出し熊本に迎えて、100石扶持を与えた。忠利は、熊本藩の客分・宮本武蔵とともに義辰を山鹿温泉の新築の御茶屋(別荘)に招くなどした。その長男の尾池伝右衛門は西山氏を名乗り、知行1000石、比着座同列定席の家格にて奉行などを務め、子孫は明治に至る[7]
  • 他の子としては、義輝暗殺の際に家臣に保護され丹波国波多野氏の下で養育されたという足利義高(出家して天誉)がいたと伝わる。

義輝の偏諱を受けた人物[編集]

義藤時代[編集]

(天文15年(1546年)12月19日 - 天文23年(1554年)2月11日)

義の字


藤の字


義輝時代[編集]

(天文23年(1554年)2月12日 - 永禄8年(1565年)5月19日)

義の字


輝の字

墓所・肖像[編集]

足利義輝像紙形(土佐光吉筆、京都市立芸術大学芸術資料館蔵)
墓所
法号は光源院融山道圓。供養塔が山口県山口市俊龍寺にある。
肖像
他に、源弐(土佐光吉)の写したという頭部の下絵(紙形)が京都市立芸術大学所蔵の土佐家資料の中に現存する。国立歴史民俗博物館本や真正極楽寺本は、これを粉本として制作されたと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 「公方様の夫人は、実は正妻ではなかった。だが彼女は懐胎していたし、すでに公方様は彼女から二人の娘をもうけていた。また彼女は上品であったのみならず、彼から大いに愛されてもいた。したがって世間の人々は、公方様が他のいかなる婦人を妻とすることもなく、むしろ数日中には彼女にライーニャ(=王妃)の称を与えることは疑いなきことと思っていた。なぜならば、彼女はすでに呼び名以外のことでは公方様の正妻と同じように人々から奉仕され敬われていたからである」「コジジュウドノ(小侍従殿)と称されたこのプリンセザは~」 『完訳フロイス日本史1 将軍義輝の最期および自由都市堺』より。なお同書では、ライーニャおよびプリンセザの訳語に「奥方」を使用している。
  2. ^ フロイスの『日本史』にもこれとは少々異なる奮戦の様子が記されているほか、『言継卿記』には自害したと記される。
  3. ^ 後に柳生宗矩細川忠利に門弟である雲林院弥四郎を推挙した際の書状において、卜伝の高弟として弥四郎の父・雲林院松軒と共に、義輝と北畠具教の名を挙げている。
  4. ^ 新当流の伝承では、卜伝が「唯授一人」の一之太刀を伝授した相手は北畠具教としている。
  5. ^ 永禄7年3月に信綱は、丸目長恵と共に義輝の前で兵法上覧を行い、兵法下問にも答えたとある。ただし、信綱が義輝に剣術を指導したかどうかは記録にない。
  6. ^ ベン・アミー・シロニー『母なる天皇―女性的君主制の過去・現在・未来』大谷堅志郎訳、146頁(第4章「非力で女性的な天皇像」、10「非力な天皇の秘めたる強さ」「ふたりの元首―信長と正親町天皇」)
  7. ^ ただし、「三百藩家臣人名事典 第七巻」(新人物往来社)では義昭の弟としている。

登場作品[編集]

小説
  • 宮本昌孝『剣豪将軍義輝』上、中、下(徳間文庫、2000年)
上 鳳雛ノ太刀 ISBN 4198912475、中 孤雲ノ太刀 ISBN 4198912661、下 流星ノ太刀 ISBN 419891284X
漫画
テレビドラマ
アニメ
ゲーム

関連項目[編集]