藤原忠文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
藤原忠文
藤原忠文.jpg
藤原忠文
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観15年(873年)
死没 天暦元年6月26日(947年7月16日
別名 宇治民部卿
官位 正四位下参議
主君 宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 藤原氏藤原式家
父母 藤原枝良息長息継
兄弟 忠文忠舒忠家忠衡
滋望
テンプレートを表示
藤原忠文(菊池容斎前賢故実』)

藤原 忠文(ふじわら の ただぶみ、貞観15年(873年) - 天暦元年6月26日947年7月16日))は、平安時代前期から中期にかけての貴族藤原式家参議藤原枝良の三男。官位正四位下・参議、正三位中納言宇治民部卿とも呼ばれる。

略歴[編集]

内舎人修理少進を経て、延喜4年(904年従五位下に叙せられる。のち、左馬頭左衛門権佐右少将等武官を務める一方で、紀伊権介播磨介讃岐介と地方官を兼ねた。延長4年(926年従四位下摂津守に叙任されて以降、丹波守大和守畿内国司及び修理大夫を経て、天慶2年(939年)に参議として公卿に列す。

天慶3年(940年関東で反乱を起した平将門を追討するため、右衛門督征東大将軍任じられ、68歳の高齢ながら将門追討の責任者となる。しかし、忠文が関東に到着する前に将門は平貞盛藤原秀郷らに討たれていた。翌天慶4年(941年)今度は瀬戸内海で反乱を起こした藤原純友を追討するため征西大将軍に任ぜられている。

天暦元年(947年)6月26日に薨去享年75。最終官位参議民部卿正四位下兼行紀伊権守。没後、中納言正三位を贈られている。の名手であった。

逸話[編集]

忠文は老齢を押して平将門の乱鎮圧のために東国へ向かったものの、東国到着の前に将門が討伐されてしまったために、大納言藤原実頼が嘉賞に反対し、忠文は恩賞を得られなかった。忠文はこれに不満を持ち、辞任を申し出るが許されなかった。その後、天暦元年(947年)6月に忠文が没すると、同年10月に実頼の娘・述子村上天皇女御)が、11月には実頼の長男敦敏が相次いで死去したために、忠文の怨霊が実頼の子孫に祟ったと噂されたという。このことから忠文は悪霊民部卿とも呼ばれ、その霊を慰めるため宇治末多武利神社が創建された。

近衛府で宿直を務めた際、馬寮から取り寄せた一頭のを枕元に立てて、馬がを食べる音を聞くことで、眠らないようにしていたという[1]

官歴[編集]

  • 寛平2年2月27日(890年3月21日) 内舎人
  • 延喜2年9月15日(902年10月19日) 修理少進
  • 延喜4年正月7日(904年1月27日) 従五位下(陽成院)。
  • 延喜7年2月29日(907年4月14日) 左馬頭
  • 延喜14年4月22日(914年5月19日) 紀伊権介
  • 延喜17年
    • 正月7日(917年2月1日) 従五位上。
    • 5月20日(917年6月12日) 左衛門権佐
  • 延喜19年正月28日(919年3月3日) 右近衛少将
  • 延喜20年9月21日(920年11月4日) 兼播磨介
  • 延喜23年
  • 延長3年正月30日(925年2月25日) 兼讃岐介
  • 延長4年
  • 延長9年3月13日(931年4月3日) 丹波守
  • 承平2年11月16日(932年12月16日) 従四位上(主基)。
  • 承平6年正月29日(936年2月24日) 大和守
  • 承平7年3月8日(937年4月21日) 修理大夫。
  • 承平8年正月7日(938年2月8日) 正四位下
  • 天慶2年12月27日(940年2月7日) 任参議、修理大夫如元。
  • 天慶3年正月19日(940年2月29日) 兼右衛門督、任征東大将軍、参議修理大夫如元。
  • 天慶4年
    • 3月28日(941年4月27日) 兼備前守、参議右衛門督修理大夫如元。
    • 5月19日(941年6月16日) 任征西大将軍
    • 12月18日(942年1月7日) 兼民部卿、止右衛門督、参議修理大夫如元。
  • 天慶9年2月7日(946年3月12日) 兼備前権守。参議民部卿如元。
  • 天慶10年2月1日(947年2月24日) 兼紀伊権守。参議民部卿如元。
  • 天暦元年6月26日(947年7月16日) 薨去中納言正三位

系譜[編集]

  • 父:藤原枝良
  • 母:息長息継の娘
  • 妻:不詳
    • 男子:藤原滋望

脚注[編集]

  1. ^ 古事談』第四,勇士

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年
軍職
先代:
源清蔭
右衛門督
940 - 942
次代:
源高明