菊池容斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『前賢故実』より、容斎77歳の時の自画像。

菊池 容斎(きくち ようさい、天明8年11月1日1788年11月28日) - 明治11年(1878年6月16日)は、幕末から明治時代初期にかけての絵師。旧姓は河原。本名は量平または武保。『前賢故実』の作者として広く知られている。

生涯[編集]

容斎が描いた源義経

幕府西丸の御徒・河原専蔵武吉の次男として、江戸下谷長者町で生まれた。父は菊池家から養子に来た人であったが、系図によると南朝遺臣の菊池武時の後裔であるという。15歳の時に早世した兄に代わって河原家を嗣いでいたが、28歳の時に父の生家が断絶し、量平はこの名家が廃されるのを惜しみ、妹に婿養子を迎えて河原家を嗣がせたのち38歳で致仕し、菊池武長の後を継いで菊池家を再興した。菊池武保と名乗るのはそれからである。「容斎」という号は、厳格さのあまり他人を容赦しない自分の性質を戒めるためにつけたという。

幼いときから絵を描くのが好きだったが、画を学ぶことを父から許されなかった。16歳の時に描いた両親の肖像画を見て初めてその伎倆を認められ、許しが出たという。文化2年(1805年)から高田円乗に師事し、狩野派南蘋風の絵を学ぶ。円乗の死後は師につかず、その教えを守り流派にこだわらずにその長所をとることに努めた。生活は楽ではなかったが、画を認めてくれた旗本久貝正典の財政援助を得て「阿房宮兵燹の図」「呂后斬戚夫人図」などの大作を描いた。学問上の知己として羽倉簡堂がいる。

文政8年(1825年)から『前賢故実』の著作に取りかかり、天保7年(1836年)に完成させた。これは10巻より成り、神武天皇の時代から、後亀山朝にいたる日本史を代表する500人を選び、画の上にそれぞれ小伝を加えるか、または詩歌を掲げたものである。この著は容斎の歴史趣味と尊皇愛国の精神を遺憾なく伝えた代表作である。明治元年(1868年)9月に刊行。明治天皇が東京に遷るときにあたって推薦する人があり、右大臣三条実美左中将東久世通禧の働きによって天皇の目に留まり、容斎は天皇より「日本画師」の号を賜られた。一説によると刊行前に孝明天皇に献上され、天皇を動かして和気清麻呂神号を追贈させるきっかけとなったという。明治7年(1874年)「土佐日記絵巻」2巻を描く。明治10年(1877年)の内国勧業博覧会に出品し、最高の竜紋褒賞を授与された。翌明治11年(1878年)、神田お玉が池の自宅において逝去。

『前賢故実』は明治36年(1903年)、孫の菊池武九によって、有職故実の考証1巻を加えて『考証前賢故実』全11巻として東陽堂から刊行された。『前賢故実』は国家意識の高まりの中で歴史画が盛んに描かれ出すと、そのバイブルとしての役割を果たした。日本画家のみならず、洋画家や生人形師、写真家、果ては講釈師まで参考にしており、その影響力の大きさが伺える。

容斎の門人として、松本楓湖渡辺省亭鈴木華邨三島蕉窓などがいる。とりわけ松本楓湖の門からは、速水御舟今村紫紅小茂田青樹など、次代を担う画家が輩出された。容斎に私淑していた画家としては、尾形月耕が風俗画で名を成し、梶田半古は弟子に『前賢故実』を書写させ、その中から小林古径前田青邨といった歴史画家が育っていった。なお、心理学者多湖輝は容斎の子孫にあたる。

代表作[編集]

  • 上記3点は大目付まで務めた幕臣久貝正典の依頼で描かれた。久貝は容斎が壮年貧困にあえいでいた際、その画才を見込んで資金援助をしたという。明治20年前半には既に岩崎弥之助のコレクションとなり、容斎の代表作として世に知られる。

脚注[編集]

  1. ^ 塩谷純 「菊池容斎《観音経絵巻》」東京文化財研究所美術部編集 『美術研究』390号、2006年12月、pp.31-39。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 美術誌Bien(美庵)19号 特集「知られざる画家 菊池容斎」 執筆・悳俊彦 [1]
  • 容斎派梁山泊(容斎派系図)[2]