怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
葛飾北斎画『近世怪談霜夜星』に登場する怨霊(左)

怨霊(おんりょう)とは、自分が受けた仕打ちに恨みを持ち、たたりをしたりする、死霊または生霊のことである[1]

悪霊に分類される。

概要[編集]

生きている人に災いを与えるとして恐れられた[2]

憎しみや怨みをもった人の生霊や、非業の死を遂げた人の霊。これが生きている人に災いを与えるとして恐れられている[2]

霊魂信仰の考え方では、霊魂が肉体の中に安定しているときその人は生きていられる、と考える[2]。怨みや憎しみなどの感情があまりに激しいと、霊魂が肉体から遊離して生霊となり災いを与える、と考える[2]

戦死、事故死、自殺などの非業の死をとげた人の場合は、霊肉がともにそろった状態から、突然、肉体だけが滅びた状態になる、とされる[2]。したがって、その人の霊魂は行き所を失い、空中をさまよっていると考えた[2]。これらの霊が浮遊霊である[2]平安時代の書物にさかんに現れる物の怪もののけ)、中世の怨霊や御霊、近世の無縁仏幽霊などは、いずれもこうした浮遊霊の一種とみることができる[2]

怨霊を主題とした講談や物語などがあり、こういったフィクションなどでは様々な設定で描写されることもある。

怨念[編集]

神霊においての怨念(おんねん)とは、祟りなどを及ぼすとされる「思念」を指す。

著名な伝承[編集]

日本においては、古くは平安時代菅原道真平将門崇徳上皇などの歴史上の政争や争乱にまつわる祟りの伝承、時代が下った近世では江戸時代に「田宮家で実際に起こったとされる妻のお岩にまつわる一連の事件」としてまとめられた『四谷雑談集』を鶴屋南北(四世)が怪談として脚色した「東海道四谷怪談」などが挙げられる。

また、近代に入っても、明治時代から第二次世界大戦終戦直後に東京で起きたとされる、大蔵省庁舎内およびその跡地における『首塚』移転などにまつわる数々の祟り」など、伝承されてきた怨霊に関する風聞が膾炙している。

民俗学的背景[編集]

江戸時代に至ってもなお、庶民は一般的に怨霊に対する畏怖感、恐怖感を抱いていた」という民俗学上の分析もある。上に挙げた死者の霊は両義的側面を持っていることが分かるが、怨霊と反対に祝い祀られているのが祖霊である。また民俗学と全く関係ないわけでもないが哲学者の梅原猛は日本史を怨霊鎮めの観点から捉えた「怨霊史観」で著名である。

インド仏教では人は7日に1度ずつ7回の転生の機会があり、例外なく49日以内に全員が転生すると考えられているために霊魂と言う特定の概念がちがうが、日本では神仏習合のため、日本の仏教では霊を認める宗派もある。

怨霊信仰[編集]

怨霊の神格化をいい、平安時代以前の怨霊とみられるものとしては、大和政権が征服を進める際に敵方の霊を弔ったという隼人塚がある。

いくつかの神社などにおいて、実在した歴史上の人物が、として祀られている。

日本三大怨霊とされる、

にそれぞれ祀られている。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大辞林
  2. ^ a b c d e f g h 井之口章次 (2011年1月29日). “怨霊(おんりょう)”. 2011年1月29日閲覧。

関連項目[編集]