藤原式家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原式家
家紋
下り藤(代表的な家紋
※ 各、藤原氏によって異なる。
本姓 藤原朝臣
家祖 藤原宇合
種別 神別天神
出身地 大和国
主な根拠地 大和国
山城国 ほか
著名な人物 藤原宇合
藤原百川
藤原広嗣
藤原緒嗣
藤原忠文
藤原佐世
藤原薬子
凡例 / Category:日本の氏族

藤原式家(ふじわらしきけ)とは、右大臣藤原不比等の三男藤原宇合を祖とする家系。宇合が式部卿を兼ねたことから式家と称した。


概要[編集]

祖の宇合は長屋王の変の後参議に昇進し、他の兄弟たちと共に聖武朝で政権を主導したが、天平9年(737年)の天然痘蔓延により病没してしまう。さらに直後に大宰少弐に左遷された宇合の長男広嗣は天平12年(740年九州にて反乱を起こしたが、敗死してしまった(藤原広嗣の乱)。この為孝謙 ~ 称徳朝にかけて、南家豊成仲麻呂)や北家永手)の後塵を許す時期がしばらく続いた。

広嗣の弟である良継百川は称徳天皇の後継に光仁天皇を擁立することに成功し、道鏡吉備真備に代わって政権の中枢に躍り出た。また、彼らはそれぞれ自分の娘(乙牟漏旅子)を皇太子山部親王(のちの桓武天皇)の妃とし後宮政策も行った。彼ら兄弟はいずれも桓武天皇即位を見ないまま亡くなったが、乙牟漏皇后となり平城嵯峨の両天皇を、旅子は淳和天皇を産み、平安初期の式家繁栄の礎を築いた。桓武朝では式家一族は重用され、宇合四男の田麻呂は事実上の臣下最高位であった左大臣にまで昇進し、三男清成の子である種継長岡京造営の事業を一任されるなどした。

百川の子で桓武天皇の義弟(姉の旅子天皇女御)でもあった緒嗣もわずか29歳で参議に昇進すると、長岡京の後に建設された平安京造宮と蝦夷征伐の中止を進言し、平城朝においては観察使制度の設置等政治改革に積極的に取り組み、嵯峨朝を経て旅子を母とする淳和天皇即位するとその外伯父として累進し、右大臣ついで左大臣に至った。

しかし、一方で良継の一人息子である託美の事故死による、平城・嵯峨両天皇の外戚である良継系の断絶があったことや、嵯峨朝になると、種継の子で平城天皇尚侍として権勢を握った薬子とその兄仲成が反乱を企てて断罪された薬子の変の発生に加え、嵯峨天皇檀林皇后の信頼を受けた北家冬嗣の台頭により、嵯峨朝以降式家は徐々に北家に圧倒されていく。

さらに、冬嗣の息子である良房が嵯峨上皇の皇女源潔姫降嫁されるなど、父同様上皇と皇太后に深く信任されたのに対し、緒嗣は長男家緒に先立たれる等、式家はその後有力な人材を出すことができなかった。

それでも、緒嗣は冬嗣の死後、淳和・仁明朝において15年以上も台閣の首班の座を維持し、従兄弟甥にあたる吉野も地方官として治績を挙げ、中納言に昇進した。しかしながら、吉野は承和の変で失脚し、その直後には緒嗣が亡くなる等の条件も重なり、以後は式家が再び政治の中枢に立つ事は無くなった。

その後は、藤原純友の乱を平定した忠文や、阿衡事件に関与した佐世等を輩出したものの、平安時代中期以降は儒学によって立身する家系として数家がしばらく血統を保つのみとなる。鎌倉時代には縄主系である長倫(縄主より11代目の子孫)が貞元1年(1232年)に従三位に叙せられ、忠文以来式家では285年ぶりの公卿が出た。その後も息子である光兼基長がそれぞれ寛元4年(1246年)・弘安6年(1283年)にそれぞれ公卿(従三位)となっている。基長の系統は公卿に叙せられたのは彼1代限りであったが、光兼の系統はその後も兼倫家倫敦継(兼倫猶子)と公卿輩出が続き、特に兼倫は緒嗣以来である正二位まで進んだ。しかし、家倫の子である兼俊応安6年(1373年)に従三位となり、明徳1年(1390年)に死去したのを最後に式家の公卿輩出は途絶え、式家は堂上家等を残す事もないまま完全に歴史の表舞台から姿を消す事となる。但し、摂津渡辺党の一つである遠藤氏は式家の後裔を称した。

一族[編集]

系譜[編集]

種継後裔[編集]

参考文献[編集]

  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第1篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編)ISBN 4642003622
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第2篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編)ISBN 4642003630
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第3篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編)ISBN 4642003649
  • 『新訂増補国史大系・尊卑分脉 第4篇』吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編修会(編)ISBN 4642003657
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第1篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4642003568
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第2篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4642003576
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第3篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4642003584
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第4篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4642003592
  • 『新訂増補国史大系・公卿補任 第5篇』吉川弘文館 黒板勝美(編)ISBN 4642003606
  • 野村忠夫「藤原式家」(『奈良朝の政治と藤原氏』、吉川弘文館1995年(平成7年))。
  • 高島正人「奈良時代中後期の式・京両家」(『奈良時代諸氏族の研究』、吉川弘文館1983年(昭和58年))。
  • 赤羽洋輔「奈良朝後期政治史に於ける藤原式家について(上・中・下)」(『政治経済史学』39・40・41号)。
  • 木本好信『藤原式家官人の考察』、高科書店1998年(平成10年)。

関連項目[編集]