藤原宇合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原宇合 『前賢故実』より

藤原 宇合(ふじわら の うまかい、持統天皇8年(694年) - 天平9年8月5日737年9月3日))は、奈良時代公卿。初名は馬養右大臣藤原不比等の三男。藤原式家の祖。官位正三位参議勲二等

生涯[編集]

霊亀2年(716年)8月遣唐副使に任ぜられるが、これが史料の初見であり同月正六位下から従五位下の叙せられる。養老元年(717年)入唐し翌年10月に帰国する。初名は「馬養」であったが遣唐使の副使として入唐後「宇合」に改める。養老3年(719年)正月には遣唐副使の功により正五位下から正五位上となる。同年7月の按察使設置時に常陸守として安房上総及び下総3国の按察使に任命される。養老5年(721年)に四階進んで正四位上に昇叙される。

神亀元年(724年)4月式部卿の官職にあったが、持節大将軍に任命され出兵、蝦夷の反乱を平定し11月帰還。この功により翌年位階勲等を進められ従三位勲二等となる。神亀3年(726年式部卿のまま知造難波宮事に任ぜられ後期難波宮造営の責任者となる。この後天平元年(729年)の長屋王の変の時も式部卿として対応。天平4年(732年)には、参議・式部卿として西海道節度使となる。この時の詩が『懐風藻』にあり、高橋虫麻呂の見送る歌が『万葉集』に残る。なお宝亀11年(780年)に宇合の時の警固式を用いるようにとの命令が出ている。天平6年(734年正三位

天平9年(737年8月5日薨去。最終官位は参議式部卿兼大宰帥正三位。

系譜[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 金井清一「高橋虫麻呂と藤原宇合」(『国文学』23巻5号、1978年)。
  • 金井清一「藤原宇合年齢考」(『万葉詩史の論』、笠間書院1984年)。
  • 木本好信「藤原宇合」(『藤原式家官人の考察』、高科書店1998年)。
  • 利光三津夫「藤原宇合と大和長岡」(『法学研究』40巻4号、1967年)。
  • 木本好信『藤原四子』(ミネルヴァ書房、2013年)。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』等。ただし、反対論も根強くはっきりしたことは不明。