渡辺氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

渡辺氏(わたなべし/わたべし)は、日本姓氏氏族苗字、大

摂津国渡辺よりおこった嵯峨源氏が渡辺氏を称する。

  1. 同音異姓に渡邊、渡邉、渡部(わたのべ/わたぶ)、亘鍋、綿鍋、綿奈部、綿辺、渡那部、渡邁、渡鍋(わたしなべ)、綿部がある。
  2. 異音同姓(わたのべ)に渡野辺、渡延、渡野邊がある。
  3. 異音同姓(わたり)に渡利、渡里、亘理、渡、亘、渉、弥、和多利、済、日理、日理、和田利がある。
  4. 異音同姓(わたりだ)渡田がある。

嵯峨源氏源融流[編集]

渡辺氏
家紋
三つ星に一文字(渡辺星)
本姓 嵯峨源氏源融流
家祖 渡辺綱
種別 武家
出身地 摂津国西成郡渡辺村
主な根拠地 摂津国渡辺津
著名な人物 渡辺綱
支流、分家 坐摩神社家社家
露天神社家社家
松浦氏武家
山代氏武家
蒲池氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

嵯峨源氏の渡辺氏は、嵯峨天皇皇子である左大臣源融(みなもと・の・とおる)を遠祖とする。融の孫の源仕(みなもと・の・つこう)のとき武蔵守となって武蔵国足立郡箕田(埼玉県鴻巣市)に下向。源仕は同地に土着し、地名の箕田(みた)を名字として武士になった。箕田仕の子が箕田宛(箕田源次宛)。

摂津国渡辺氏と摂津源氏[編集]

源宛(箕田宛)の子の源綱(みなもと・の・つな)は、摂津国多田(兵庫県川西市)に清和源氏の武士団を形成した源満仲の娘婿である仁明源氏源敦の養子となり、母方の里である摂津国渡辺大阪府大阪市中央区)に居住し、渡辺綱(わたなべ・の・つな。渡辺源次綱。「源次」は綱の父以来、嫡子の通称)と称し、渡辺氏の祖となる。渡辺綱は義父の源敦の妻の兄である摂津源氏源頼光の郎党となり、頼光四天王の筆頭とされる。

源頼光の後裔で摂津国渡辺津に拠る源頼政の郎党として、渡辺氏は、保元の乱において、源省、源授、源連、源興、源競らが参陣しており、源頼政の反平家蜂起の宇治合戦において平家の大軍と戦い討死している。

大江御厨惣官と滝口武者[編集]

渡辺綱の後裔は、摂津国渡辺津(大阪市中央区)という旧淀川河口辺の港湾地域を本拠地とする「渡辺党」と呼ばれる武士団を形成し、瀬戸内海の水運に関与し、瀬戸内海の水軍の棟梁的存在になると共に皇室領の大江御厨を統轄し、京都では内裏天皇の警護(近衛部隊の前身のようなもの)に就く滝口武者を世襲し、他にも衛門府兵衛府など中央の官職を有していた。

摂津国住吉と渡辺党[編集]

彼らは摂津国住吉の浜(住之江の浜、大阪湾)で行われる天皇の清めの儀式(八十嶋祭)に従事するとともに、海上交通を通じて日本全国に散らばり、各地に渡辺氏の支族を残した。肥前国松浦氏とその庶氏、松浦党をはじめ、松浦氏族の山代氏に連なる筑後国蒲池氏毛利氏重臣の渡辺勝豊臣氏家臣の渡辺糺などは子孫であり、また大阪の坐摩神社宮司家は渡辺契の、お初天神として有名な大阪曾根崎露天神社社家渡辺薫の子孫である。徳川譜代渡辺守綱にはじまる渡辺氏もまたその子孫を称する。

徳川譜代の三河渡辺氏[編集]

のちの徳川譜代渡辺氏は、渡辺綱の後裔を称し、綱のひ孫の源正(源次正、小源次正、源公頼)の流れを汲むという。系譜によれば足利将軍家に直臣として仕え、のちに三河国に移住したとされる。三河の渡辺党は松平氏に代々仕えて功があったが、浄土真宗の門徒であったために三河一向一揆で松平家康(徳川家康)に反旗を翻し、一族の者が多く戦死した。

三河一向一揆に生き残った一族の渡辺守綱は、一揆鎮圧後も許されて家康に仕え、1590年、関東入国に際して武蔵国比企郡に3千石を与えられた。1613年、守綱は尾張徳川家に配属されて三河国加茂郡寺部(愛知県豊田市)に1万4千石を領した。守綱の嫡男重綱は尾張藩家老となり、子孫は1万石を領して尾張藩の重臣として続いた。明治維新後、華族に列し男爵を授けられる。

重綱は父が幕府から直接拝領していた武蔵領3000石を三男の忠綱、忠綱の早逝後はその弟吉綱に与え、直参旗本とした。吉綱は大坂定番に任ぜられ、和泉国河内国に1万石を加増されて大名に列す。その子孫はのちに和泉大庭寺を経て伯太(大阪府和泉市)に居所を移し、伯太藩1万3千石の藩主となった。この家は明治に至り子爵を授けられる。

寒河江氏譜代の出羽渡辺氏[編集]

大江広元の長男で、承久3年(1221年承久の乱で敗れた大江親広に従って出羽国寒河江荘に定住した一族。寒河江氏譜代の臣として活動するが、天正12年(1584年)寒河江氏が最上氏に敗れると帰農したという。

 
渡辺綱
 
 
 
 
 
 
勝憲
 
勝義
 
顕義
 
義維
 
義継
 
顕胤
 
頼顕
 
顕信
 
顕広
 
宗忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宮川満・三浦圭一 『大阪府史第3巻・中世編1』 大阪府、1979年、P19、P258。
  • 河音能平 「第六章 鎌倉時代の摂津国渡辺の津」『大阪の中世前期』 清文堂出版株式会社、2002年