藤原良房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤原良房(菊池容斎画/江戸時代)

藤原 良房(ふじわら の よしふさ、延暦23年(804年) - 貞観14年9月2日872年10月7日))は、平安時代初期の公卿藤原北家藤原冬嗣の二男。母は藤原美都子。子に明子、養子に藤原基経染殿白河殿と称される。漢風諡号忠仁公 、国公は美濃公

皇族以外の人臣として初めて摂政の座に就いた。また、藤原北家全盛の礎を築いた存在であり、良房の子孫達は相次いで摂関となった。

生涯[編集]

東三条殿跡・藤原良房が創設、京都市中京区押小路通釜座西北角

嵯峨天皇に深く信任された優秀な廷臣であった藤原冬嗣の二男として生まれた。選ばれて嵯峨天皇の皇女源潔姫降嫁される[1]

淳和天皇天長年間(824年 - 834年蔵人に補せられ、従五位下を授けられる。妹の順子東宮(皇太子)正良親王(後の仁明天皇)の妃であり、道康親王を生んでいる。また、良房は父に引き続いて嵯峨上皇と皇太后橘嘉智子に深く信任されていた。

仁明天皇が即位した天長10年(833年)以後、天皇の実父である嵯峨上皇の支援を受けて急激に昇進し、承和年間(834年 - 848年)に正三位に叙せられ、蔵人頭に補せられ、参議を経て権中納言に遷り、陸奥出羽按察使右近衛大将を兼ねる。

仁明天皇の東宮には淳和上皇の皇子恒貞親王が立てられていたが、承和9年(842年)の嵯峨上皇の崩御直後に起きた承和の変で恒貞親王が廃され、道康親王が立太子される。事件後に大納言に転じて、民部卿左近衛大将を兼ねた。

承和15年(848年)に右大臣を拝す。

嘉祥3年(850年)に道康親王が即位する(文徳天皇)。良房は潔姫が生んだ明子(あきらけいこ)を女御に入れた。同年、明子は第四皇子惟仁親王を生み、僅か生後8カ月で直ちに立太子させた。これは先例のないことだった。

嘉祥4年(851年正二位に昇り、翌年、左近衛大将を兼ね、国史続日本後紀)を監修する。斉衡4年(857年太政大臣を拝命した。次いで従一位へ進む。

良房には嗣子がいなかったため、兄の藤原長良の三男、藤原基経を養子とした。また、同じく長良の娘の高子を惟仁親王に嫁がせ、次代への布石も打った。高子は在原業平との恋愛で有名で、惟仁親王より9歳も年上だった。

文徳天皇は第一皇子惟喬親王(母は紀名虎の娘)を愛し、惟仁親王が幼すぎることを案じて、まず惟喬親王を立て、惟仁親王の成長の後に譲らせることを考えたが、良房を憚って決しないうちに天安2年(858年)に崩御してしまい、良房は9歳の惟仁親王を即位させた(清和天皇)。『公卿補任』ではこの時に摂政に就任して貞観6年(864年)清和天皇の元服とともに、摂政を退いたとするが、正史である『日本三代実録』の清和天皇即位の記事には摂政に関する記述がないことから、良房は太政大臣として天皇を後見したと考えられている(当時、太政大臣の職掌には摂政と同様に天皇の後見する役目が含まれており、当時皇族しか就けなかった摂政の職務を太政大臣として行っていた可能性がある。両者の職掌が明確に分離されたのは基経の時代である[2])。清和天皇は幼少期に良房の邸宅で育てられたので、良房を終始深く信任していた。

貞観8年(866年)に起きた応天門の変では、大納言伴善男を失脚させ、事件に連座した大伴氏紀氏の勢力を宮中から駆逐する。この年の8月19日、清和天皇は良房に「摂行天下之政(天下の政(まつりごと=政治)を摂行せしむ)」とする摂政宣下の詔を与えた。これが人臣最初の摂政である。

法制の整備に力を入れて、「貞観格式」を完成させた(格は貞観11年(869年)、式は貞観13年(871年)に公布)。

貞観13年(871年)、准三宮を宣下されるが、それから数ヵ月後の貞観14年(872年)に薨去した。正一位を追贈され、忠仁公と諡された。

系譜[編集]

嵯峨天皇       冬嗣
 ┣━━━━━━┓   ┣━━━┓
淳和天皇  仁明天皇==順子  良房
 ┃             ┃         ┃
恒貞親王 紀静子==文徳天皇==明子
             ┃        ┃
           惟喬親王  清和天皇

官歴[編集]

※ 日付=旧暦

  • 823年弘仁14年)、嵯峨天皇の皇女の潔姫が降嫁[3]
  • 826年天長3年)1月、蔵人に補任。 2月、中判事に遷任。
  • 828年(天長5年)1月7日、従五位下に叙位。 閏3月9日、大学頭に任官。
  • 830年(天長7年)5月、春宮(正良親王、のちの仁明天皇)亮に遷任。 11月、越中権守を兼任。 閏12月、加賀守を兼任、越中権守を辞す。
  • 833年(天長10年)2月、左近衛少将に転任、加賀守兼任は変わらず。 2月、蔵人頭に補任。左近衛少将兼任は変わらず。 3月6日、従五位上に昇叙、蔵人頭・左近衛少将兼任は変わらず。 8月14日、正五位下に昇叙、蔵人頭・左近衛少将兼任は変わらず。 11月18日、従四位下に昇叙、左近衛権中将に転任。蔵人頭兼任は変わらず。
  • 834年承和元年)7月9日、参議に補任、左近衛権中将兼任は変わらず。
  • 835年(承和2年)1月7日、従四位上に昇叙、参議・左近衛権中将兼任は変わらず。 4月7日、従三位に昇叙、権中納言に転任。 4月15日、左兵衛督を兼任。
  • 839年(承和6年)1月11日、陸奥出羽按察使を兼任。
  • 840年(承和7年)8月8日、中納言に転任、左兵衛督・陸奥出羽按察使兼任は変わらず。
  • 842年(承和9年)1月7日、正三位に昇叙、中納言・左兵衛督・陸奥出羽按察使兼任は変わらず。 7月11日、右近衛大将を兼任、左兵衛督を辞す。 7月25日、大納言に転任、左近衛大将を兼任。陸奥出羽按察使兼任は変わらず。 8月11日、民部卿を兼任、陸奥出羽按察使を辞す。
  • 844年(承和11年)2月、陸奥出羽按察使を兼任。
  • 848年(承和15年)1月10日、右大臣に転任、右近衛大将兼任は変わらず。
  • 849年嘉祥2年)1月7日、従二位に昇叙、右大臣・右近衛大将兼任は変わらず。
  • 851年(嘉祥4年)11月7日、正二位に昇叙、右大臣・右近衛大将兼任は変わらず。
  • 854年仁寿4年)8月28日、左近衛大将を兼任、右近衛大将を辞す。
  • 857年斉衡4年)2月19日、太政大臣宣下。左近衛大将を辞す。 改元して天安元年4月19日、従一位に昇叙し、太政大臣兼任は変わらず。
  • 858年天安2年)11月7日、摂政宣下(『公卿補任』に拠る、正史『日本三代実録』は当該する記録がない)。太政大臣兼任は変わらず。
  • 864年貞観6年)、摂政を辞す(『公卿補任』に拠る、正史『日本三代実録』は当該する記録がない)。
  • 866年貞観8年)8月19日、摂政宣下。太政大臣兼任は変わらず。
  • 871年(貞観13年)4月1日、准三宮宣下。
  • 872年(貞観14年)9月2日、薨去、享年69。 9月4日、正一位を贈られる。忠仁公の諡号を賜る。

脚注[編集]

  1. ^ 当時、天皇の皇女が臣下の許に降嫁することは禁じられていたが、潔姫は既に臣籍降下していたためその規定の対象外であった。とはいえ、天皇の娘が臣下に嫁ぐということは前代未聞であり、9世紀において他にこの待遇を受けたのは源順子宇多天皇皇女、一説には実父は光孝天皇)を降嫁された藤原忠平のみである。
  2. ^ 天皇が幼少時に摂政が任命されるという慣例は930年の藤原忠平(朱雀天皇摂政)の時に確立したと考えられているが、『公卿補任』はその原則が最初からのものと思い込んで後世に加筆されたとする和田英松の説が今日では通説とされている。
  3. ^ 栗原弘『藤原良房と源潔姫の結婚の意義』(『平安前期の家族と親族』(校倉書房、2008年(平成20年)) ISBN 978-4-7517-3940-2 第二部第三章)P203 - P204

関連項目[編集]