近衛政家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近衛 政家(このえ まさいえ、文安元年(1444年) - 永正2年6月19日1505年7月20日))は、室町時代中期から戦国時代前期にかけての公家関白太政大臣藤原北家摂家近衛家13代当主。一字名は霞。号は後法興院。

生涯[編集]

文安元年(1444年)関白・太政大臣を務めた近衛房嗣(ふさつぐ)の次男として生まれる(生年については1445年1446年説もあり)。兄に近衛教基右大臣)、弟に道興大僧正准三后)、増運(大僧正准三后)、政深(権僧正法印)、政弁(大僧正)らがいる。

元服の際には室町幕府第8代将軍足利義政より偏諱の授与を受けて政家と名乗る(弟の政深、政弁も同様)。

寛正3年(1462年)兄の教基が死去したのに伴い、近衛家を嗣ぐ。翌年従三位に叙され、右近衛中将に任ぜられる。その後も連年昇進を続け、応仁元年(1467年)には権大納言となり、文明4年(1472年)には正二位内大臣となる。応仁の乱が終熄した文明11年(1479年)に関白左大臣となる。同15年関白を辞した後、長享2年(1488年)太政大臣に任命される(翌々年辞去)。明応6年(1497年)には准三宮となった。永正2年(1505年)、薨去。享年62。なお、正室はおらず、家女房である北小路俊子が生んだ尚通が後を継いだほか、別の女性との間に良誉興福寺別当大僧正)を儲けている。

文化人としての側面[編集]

政家は和歌に優れており、その歌は『新撰菟玖波集』に入集している。なお明応9年8月13日1500年9月6日)に近江守護六角高頼の招待で琵琶湖へ出向していた政家が、近江八景の和歌8首を即興で詠んだことが、近江八景の由来として広く知られているが、近年では八景の始まりは政家によるものではない(政家はこの時期、近江へ下向していない)とする説も有力である。

近衛家は藤原氏嫡流として、藤原道長の日記『御堂関白記』をはじめとして、先祖代々の日記や朝廷儀式の記録など、重要な文書を相伝してきたが、政家は応仁・文明の乱に際し、これら大量の古文書を戦火の災いから避けるため、京都の北郊の岩倉に運び出しておいた。このため乱の最中、近衛家の邸宅は焼失したものの、古文書類は難を逃れ後世に伝えられることとなった(詳しくは「陽明文庫」を参照)。

また、政家自身が残した日記『後法興院記』も、室町時代中期の朝廷を知る上での貴重な史料として知られる。

官職位階履歴[編集]

参考文献[編集]