近衛尚通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近衛 尚通(このえ ひさみち、文明4年10月12日1472年11月12日)- 天文13年8月26日1544年9月13日))は、戦国時代公卿関白。父は近衛政家。母は家女房であった越前国の加治能登入道の娘・俊子北小路俊宣養女)。妻は徳大寺実淳の娘・維子。子に近衛稙家久我晴通大覚寺義俊慶寿院足利義晴室)、近衛殿(北条氏綱室)ら。猶子足利義輝足利義昭(共に慶寿院の子)。

文明14年(1482年)に元服、当時の室町幕府将軍であった足利義尚より偏諱を受けて尚通と名乗る。延徳2年(1490年)に右大臣に就任、以降は関白に二度就く。その後永正11年(1514年)に太政大臣、同16年(1519年)に准三宮となった。天文2年(1533年)に出家し、大証と号した。天文13年(1544年)、薨去。日記『後法成寺関白記』を残した。

官職および位階等の履歴[編集]

系譜[編集]