一条房通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一条 房通(いちじょう ふさみち、永正6年(1509年) - 弘治2年10月30日1556年12月1日))は、戦国時代公卿関白土佐一条氏第2代当主一条房家の次男。大叔父の一条冬良の婿養子になった。子に兼冬内基、養子に兼定(実子とする説もある)がいる。妻は冬良の娘。官位は従一位左大臣内覧

永正14年(1517年)4月30日に9歳で元服正五位に叙せられる。同年に従四位上、右少将・左中将に叙せられ、翌永正15年(1518年)には従三位に叙任。

天文14年(1545年)6月2日には養父・冬良と同じく関白にもなった(-天文17年(1548年)12月27日)。土佐一条氏からの関白就任は、冬良の兄、そして房通自身にとって祖父でもある初代当主教房以来2度目である。また、実家の土佐一条氏では一条房基、兼定と幼い当主が続いたために、土佐国に下向して当主代理として政務をとっていた時期がある。

弘治2年(1556年)、48歳で死去した。