一条経通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一条経通
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 文保元年(1317年[1]
死没 貞治4年/正平20年3月10日1365年4月1日
別名 経道
戒名 後芬陀利花院
墓所 京都府京都市東山区本町の芬陀院
官位 従一位関白左大臣
主君 後醍醐天皇光厳天皇→後醍醐天皇→光明天皇
氏族 一条家
父母 父:一条内経、母:西園寺公顕の娘
正室:綸子洞院公賢の娘)
内嗣房経、慈済、照厳
養子:経嗣
テンプレートを表示

一条 経通(いちじょう つねみち)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿1336年の南北分裂後は北朝側に属し、北朝第2代光明天皇の下で、建武5年(暦応改元前、1338年)から暦応5年(康永改元前、1342年)まで関白を務め、同時に藤氏長者となった。

生涯[編集]

関白一条内経の長男。元亨元年(1321年12月15日、5歳のときに元服し、正五位下に叙せられる。正中2年(1325年)に父が死去すると、一条家の当主となる。その後も順調に官位をすすめる(後掲)。元徳3年/元弘元年(1331年)、光厳天皇の即位を祝して正二位に叙せられるが、元弘3年/正慶2年(1333年)、後醍醐天皇隠岐国から帰京し、光厳天皇の即位は無効とされ、その結果、光厳天皇の下でなされた正二位への昇叙も取り消された。ただし、翌年正月、あらためて正二位へ昇叙され、その翌年には内大臣となった。後醍醐天皇の親政による建武の新政は、武士層の反感を招き、建武3年(1336年)に足利尊氏軍が京の都を制圧することで瓦解し、8月15日には光明天皇が立てられた。両統迭立の伝統に従い、持明院統の光明天皇は大覚寺統である後醍醐天皇の皇子成良親王皇太子とすると、経通は当時11歳の成良親王のに任ぜられた。その後は左大臣関白を歴任した。

東福寺との関係が深く、土地の寄進のほか、関白辞任後の貞和3年(1347年)6月には、焼失していた本堂(仏殿)再建の上棟を行った。

貞治4年/正平20年(1365年)死去、享年49。法名は父の法名(芬陀利花院)から、後芬陀利花院とされた。

妻子[編集]

北政所洞院公賢の娘、綸子で、長男内嗣を生んだ。しかし、内嗣は南朝側についたため廃嫡、それに代わり、次男の房経を嫡子とした。ところが房経は経通が死去した翌年に嗣子を残さず早世した。そのため、関白二条良基の三男経嗣が、経通の養嗣子となり、一条家を継いだ。

官歴[編集]

官位位階の履歴は以下の通り。年齢は数え年、月日は旧暦。西暦年は、分かりやすくするため旧暦と新暦のずれを考慮せず、単純に置き換えただけである。

年(歳) 月日 官職 位階
1321年(5歳) 12月15日 なし(散位) 正五位
12月21日 右権少将
1322年(6歳) 1月3日 従四位
6月17日 左中将
1323年(7歳) 1月5日 正四位
1324年(8歳) 1月13日 左中将・近江権守
1325年(9歳) 1月29日 従三位
1327年(11歳) 11月10日 中納言
12月16日 権中納言・左中将
1328年(12歳) 1月23日(25日) 正三位
3月16日 権大納言
1330年(14歳) 1月5日 従二位
3月5日 権大納言・左大将
1331年(15歳) 10月18日 正二位
1333年(17歳) 5月17日 従二位
1334年(18歳) 1月5日 正二位
1335年(19歳) 2月16日 内大臣・左大将
1336年(20歳) 3月2日 内大臣
11月14日 内大臣・東宮傅
1337年(21歳) 7月12日 左大臣
1338年(22歳) 5月19日 関白・左大臣
1339年(23歳) 12月27日 関白
1342年(26歳) 1月5日 従一位
1月26日 辞職(散位)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本史諸家系図人名辞典』(講談社、2003年、ISBN 978-4062115780)は、出生日を旧暦12月15日とするため、新暦に換算すると1318年1月18日になる。しかし、この日付は他の資料では確認できない。元服した日と混同している可能性もある。

参考文献[編集]