鷹司政通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹司 政通(たかつかさ まさみち、寛政元年7月2日1789年8月22日) - 明治元年10月16日1868年11月29日))は、江戸時代の公家政治家。父は関白鷹司政熙、母は正室・蜂須賀儀子。正室は徳川治紀の娘・鄰姫(清子)。

文政6年(1823年)に関白に就任、天保13年(1842年)には太政大臣に就任する。5年前後で関白職を辞する当時の慣例に反して安政3年(1856年)に辞任するまで30年以上の長期にわたって関白の地位にあり、朝廷で大きな権力を持った。

弘化3年(1846年)に仁孝天皇が急逝した際には、喪を秘して政通を准摂政として事態の収拾を図った。孝明天皇の信認も厚く、関白辞任後(九条尚忠が後任)も内覧を許され、依然として朝議に隠然たる影響力を行使した。安政3年(1856年)12月9日には異例の太閤の称号を孝明天皇から贈られる(本来「太閤」は関白職を子弟に譲った前関白を指す)。義弟の水戸藩主・徳川斉昭から異国情勢についてこまめに連絡を受け、孝明天皇に知らせた。

当初は開国論に立って日米和親条約締結を主張したが、若手公卿の批判を受けると一転して攘夷派となる。これが幕府の怒りに触れて落飾し、出家した。

その後、明治元年(1868年)に死去した。

家族[編集]