徳川家定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
徳川家定
Tokugawa Iesada.jpg
徳川家定像(徳川記念財団蔵)
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 文政7年4月8日1824年5月6日
死没 安政5年7月6日1858年8月14日
改名 政之助(幼名)→家祥(初名)→家定
別名 イモ公方
戒名 温恭院殿贈正一位大相国公
墓所 東京都台東区上野寛永寺
官位 従二位権大納言正二位従一位
右近衛大将内大臣征夷大将軍
正一位太政大臣
幕府 江戸幕府 13代征夷大将軍
嘉永6年(1853年11月23日 - 安政5年(1858年7月6日
氏族 徳川氏徳川将軍家
父母 父:徳川家慶、母:本寿院
兄弟 竹千代嘉千代円常院家定
慶昌暉姫他多数
正室:鷹司任子(天親院)
継室:一条秀子(澄心院)
継室:近衛敬子(天璋院)
側室:志賀
実子:なし 養子:徳川家茂

徳川 家定(とくがわ いえさだ)は、江戸幕府の第13代征夷大将軍

生涯[編集]

将軍就任以前[編集]

文政7年(1824年)4月8日、第12代将軍・徳川家慶の四男として江戸城で生まれる。家慶の男子はほとんど早世し、生き残っていたのはこの家定だけであった。しかし家定も幼少の頃から病弱で、人前に出ることを極端に嫌う性格だったと言われている。そのため、乳母である歌橋にしか心を開かなかったらしい。一説には、脳性麻痺であったと言われる。

天保12年(1841年)に大御所徳川家斉(第11代将軍。家定の祖父)の死後、(第12代将軍・家慶の)世嗣となる。しかし家慶は、家定の継嗣としての器量を心配して、一橋家徳川慶喜を将軍継嗣にしようと考えたほどである。だが、老中阿部正弘らが反対したため、結局は家定を将軍継嗣とした。

嘉永6年(1853年)、家慶が黒船来航の後に病死したことを受け、第13代将軍となった。

将軍時代[編集]

嘉永7年1月16日1854年2月13日)、マシュー・ペリーが7隻の艦隊を率いて再来日すると、幕府は同年3月3日3月31日日米和親条約に調印した。

家定は病弱だった上、もともと悪かった体調が将軍就任以後はさらに悪化して、ほとんど廃人同様になったとまで言われている。このため、幕政は老中・阿部正弘によって主導され、安政4年6月17日1857年8月6日)に正弘が死去すると、その後は老中・堀田正睦によって主導された。

安政4年10月21日1857年)に米国総領事タウンゼント・ハリス江戸城で引見している。

将軍継嗣問題[編集]

家定は正室として鷹司政煕の娘・任子(天親院有君)[1]一条忠良の娘・秀子(澄心院寿明君)を迎えたが、いずれも早世し、近衛忠煕の養女・敬子(天璋院)との間にも実子は生まれなかった。このため、将軍在職中から後継者争いはすでに起こっていたが、家定の病気が悪化した安政4年(1857年)頃からは、それが激化する。

家定の後継者候補として、井伊直弼南紀派が推薦する紀州藩主の徳川慶福(後の徳川家茂)と、島津斉彬徳川斉昭一橋派が推す一橋慶喜(徳川慶喜)が挙がり、この両派が互いに将軍継嗣をめぐって争った。

家定はこの将軍継嗣問題でも、表舞台に出ることはほとんど無かったが、安政5年6月25日(1858年)、諸大名を招集して慶福を将軍継嗣にするという意向を伝え、安政5年7月5日(1858年8月13日)に一橋派の諸大名の処分を発表するという異例の行動を見せた。なお、家定が将軍らしい行動を見せたのは、これが最初で最後である。

安政5年7月6日(1858年8月14日)、薨去。享年35。後を養子となった慶福改め徳川家茂が継いだ。家定の死により、父家慶の血筋は断絶した。

人物[編集]

  • 幕末の難局にも関わらず、家定は就任直後から後継問題が浮上するほど体が弱く、一説には脳性麻痺だったとも言われ、将軍として指導力を示すことが出来なかった。
  • カステラを作ったりするなど、菓子作りが趣味だったとされている。また煮豆やふかし芋などを作り、自分だけで食べずに、時には家臣たちに振る舞まっており、松平慶永(春嶽)から「イモ公方」などと呼ばれた上、「凡庸の中でも最も下等」とまで評されたと伝わる。しかし、明治時代に幕臣であった朝比奈昌広は「凡庸だ暗愚だと言われているが、それは越前(松平慶永)や薩摩(島津斉彬)らと比較するからであり、300諸侯の中には家定公より劣る大名も多くいたはずである」と弁護している。
  • 猜疑心が強く人前に出ることを極端に嫌ったとも伝えられており、自分でよく調理をしたのは暗殺を恐れての事であった。家定が大御所として西之丸で生活していた祖父・家斉を訪れた際、出された食事に毒が入っているかもしれないと考えて箸をつけなかったという逸話も残っており、これは後に家定が家斉と不仲であったという俗説を生んでいる。
  • アメリカ公使ハリスの日記によると、ハリスと引見した際、言葉を発する前に頭を後方に反らし、足を踏み鳴らすという行動を取ったとある。これは脳性麻痺の典型的な症状と言われる[2]。しかし、家定はハリスに対して「遥か遠方より使節をもって書簡の届け来ること、ならびにその厚情、深く感じ入り満足至極である。両国の親しき交わりは幾久しく続くであろう合衆国プレジデントにしかと伝えるべし」と告げ、将軍らしい態度も見せた。一方、立派な返答をしたのは床下に控えていた代理であり、足を踏み鳴らしたのは代理に対して合図を送っていたという説もある。
  • 庭の鳥を追いかけるなどしたというのは朝野新聞の記事から派生した訛伝である。
  • 天璋院(島津斉彬の養女・篤子、のち近衛忠煕の養女・敬子)の入輿について、家定や大奥が長命で子沢山だった祖父・家斉にあやかって薩摩出身の夫人を望んだことが明らかになっている(家斉の御台所広大院島津重豪の娘)。こうして幕府からの意向を受けた島津斉彬が、この縁組を一橋慶喜擁立のための政略に役立てたとされる。一方で天璋院の入輿は本来継嗣問題と無関係とする説もある[3]
  • 大樹寺に収められている各将軍の位牌が、遺骨から判明したそれぞれの身長と同じ高さであるとする説から、家定の身長については149cm程度であったと推測される。また、父・家慶の位牌が153cmで実際の身長より誤差が1cm余りであることから、家定は150cmであったとも考えられる。
  • 幼少の頃に患った病気のため、目の辺りにあざが残ったが、肖像画などには描かれていない。
  • 生来病弱で、3人の正室や側室は懐妊しなかった。また、継室たる御簾中一条秀子は、極めて矮小な体躯をしており、立っていても首が襖の引き手の下にあったという。一説に彼女は、片足が短いため跛行して歩いたと伝えられる。
  • 自らの後継者候補となった徳川慶喜とも不仲であった。家定に影響を及ぼした大奥の意向を反映したものと考えられているが、側小姓であった朝比奈閑水(後に外国総奉行町奉行勘定奉行を務める)の回想によると「単に自分(=家定)より慶喜の方が美形であったから」という私怨に近いものであった。なお、慶喜は(生母・貞芳院が家慶の正室浄観院の姉妹にあたるので)義理の従弟である。[4]
  • 「疾ありて政をきくことあたはず、ただ廷中わずかに儀容を失はざるのみなり」とある(安政紀事)。

死因[編集]

  • その死は一橋派の諸大名処分の翌日であったため、一橋派が奥医師・岡櫟仙院を使って家定を毒殺したのではないか、という噂が流布されたことがある。
  • 家定の死因は、通説では持病の脚気が悪化したためとも、その頃流行していたコレラによるものとも言われている。
  • 家定の死の直前、大老井伊直弼と実母の本寿院との判断で、漢方医の青木春岱・遠田澄庵蘭方医伊東玄朴戸塚静海が江戸城登城を許され家定を診察した。以降、幕府内部にも西洋医学が導入されることになる。

系譜[編集]

官歴[編集]

※日付=旧暦


偏諱を与えた人物[編集]

家定時代(将軍在職中)


(補足)
  • 家定は初め家祥(いえさち/いえさき)と名乗っていたが将軍就任に際して家定に改名している。これは名にのついた江戸幕府の将軍()には実子がないか、いても早世したため縁起が悪いとされたためだという。しかし家定にも結局実子が出来ることはなかった。
  • 将軍の一字(偏諱)を拝領する家柄は固定していたので、元来「定」の字を使用していた大名が遠慮して改名するという現象を生じた(例:久松松平氏松平定猷→松平猷松平定保→松平勝道)。とは言え、実際には家定の在任期間もわずか数年であり、この間に元服して偏諱を賜った人物も上記の二名だけであった。


補注[編集]

  1. ^ 家定との結婚時(1841年)には父の政煕が死去していたため、兄である鷹司政通の養女として輿入れしている。
  2. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』新潮社
  3. ^ 芳即正『島津斉彬の証言に聞く』1994.04 『日本歴史』551
  4. ^ 参考「将軍継嗣問題と維新前後の篤姫」

関連項目[編集]