脚気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脚気(Beriberi)
分類及び外部参照情報
Beriberi USNLM.jpg
20世紀に東南アジアで見られた脚気患者
ICD-10 E51.1
ICD-9 265.0
DiseasesDB 14107
MedlinePlus 000339
eMedicine ped/229 med/221
Patient UK 脚気
MeSH D001602
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

脚気(かっけ、: beriberi)はビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1チアミン)の欠乏によって心不全末梢神経障害をきたす疾患である。心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって下肢のしびれが起きることから脚気の名で呼ばれる。心臓機能の低下・不全(衝心(しょうしん))を併発したときは、脚気衝心と呼ばれる。

ほかのビタミンB1欠乏症による代表疾患には、ウェルニッケ脳症高ピルビン酸血症がある。

概要[編集]

日本では平安時代以降、京都の皇族や貴族など上層階級を中心に脚気が発生している。江戸時代江戸では、精米された白米を食べる習慣が広まり、将軍をはじめとした上層武士に脚気患者が多かった。将軍徳川家定は脚気が原因で死亡したとも言われている。

脚気は、元禄年間に一般の武士にも発生し、やがて地方に広がり、また文化文政町人にも大流行し、「江戸患い(えどわずらい)」と呼ばれた。領地では貧しく白米を食することのできなかった地方武士も、江戸勤番では体面上白米を主食としたため、江戸在住期間が長引くとこの病いに罹る例が多かった。経験的に米にかえて蕎麦(ビタミンB1を含む)を食べると、快復に向かうことが分かっていたため、漢方医学では療法として用いられていた。

江戸時代中期以降、江戸で蕎麦が流行した。江戸でうどんよりも蕎麦が主流となった背景には、「江戸わずらい」[1]と呼ばれた脚気を、ビタミンB1を多く含む蕎麦を食べることで防止できたことにもよる[2]

明治になってから国家的な大問題となった。明治6年に公布された徴兵令の目玉は1日6合(江戸時代の「一人扶持」は1日5合だった)の白米を食べさせるという特典であった。このため帝国軍人の職業病となり、建軍期の日本は海軍がイギリス、陸軍はフランス、後にドイツを範としたため、海軍は栄養由来説、陸軍はドイツ軍の細菌説を信じていた。後に陸軍の軍医総監石黒忠悳と次の森鴎外が海軍の米食由来説を徹底的に非難して陸軍は多大な犠牲者を出すに至った。鈴木梅太郎オリザニン発見、更にビタミンの発見までこの惨状が続いた。陸軍は「白米6合」を止め、麦3割の兵食を採用したのは、海軍から遅れること30年の大正2年だった[1]

大正期以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及するとともに安価な移入米が増加し、副食を十分にとらなかったことで多くの患者を出し、結核とならぶ二大国民病といわれた。

国民の脚気死亡者数は、大正末期に年間2万5千人を超え、昭和期に入っても日中戦争拡大などで食糧事情が悪化する1938年(昭和13年)まで毎年1万人~2万人の間で推移した。1千人を下回ったのは、アリナミンとその類似品が浸透する1950年代後半であった(1950年(昭和25年)3,968人、1955年(昭和30年)1,126人、1960年(昭和35年)350人、1965年(昭和40年)92人)。

しかし、国民の栄養状態の問題が解決された1975年(昭和50年)ごろから、栄養成分の偏ったジャンクフードの普及により、脚気が再発してきた。アルコール依存症患者にも多く、アルコール分解の際にビタミンB1が消費されることと、偏食もかかわっている。高齢社会(超高齢社会)を迎えた最近では、ビタミンB1を含まない高カロリー輸液での発症も問題視されている。

歴史[編集]

病態[編集]

本症は多発神経炎浮腫(むくみ)、心不全脚気心、脚気衝心)を三徴とする。

分類[編集]

乾性脚気[編集]

多発神経炎を主体とし、表在知覚神経障害からしびれ、腱反射低下などを来たす。

湿性脚気[編集]

末梢動脈は拡張し、血管抵抗の低下から高拍出性心不全を呈して浮腫になる[3]

検査[編集]

膝蓋腱を弛緩させた状態で叩くと大腿四頭筋が収縮し膝関節が伸展する膝蓋腱反射は末梢神経障害の有無を見ている。脚気の多発していた1960年代頃までは健康診断の必須項目であった。

歴史上の有名死亡者[編集]

特異な条件下の脚気[編集]

  • 東大教授三浦謹之助が ベルツと共著で書いた論文。「富士山頂の脚気」熱帯病全書2巻。気象観測者・野中至別名野中到 (気象学者)とその妻は脚気に罹った[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 浅田次郎『パリわずらい江戸わずらい』(小学館 2014年pp.138-143)。
  2. ^ そば|日本文化いろは事典
  3. ^ http://www.qqct.jp/seminar.php?id=292
  4. ^ <林[2011:376]

関連項目[編集]

参考文献[編集]