徳川家広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「德川家廣」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

徳川 家広(とくがわ いえひろ、旧字体:德川 家廣、1965年昭和40年)2月7日 - )は、日本の政治経済評論家[1]翻訳家作家

人物 [編集]

父は徳川宗家18代当主、元日本郵船副社長で徳川記念財団理事長の徳川恆孝慶應義塾大学経済学部卒業(経済学士(慶応義塾大学))。大学院以上の学位は、経済学修士ミシガン大学)、政治学修士(コロンビア大学)の2つを有している。大樹総研(大樹リサーチ&コンサルティング(株))取締役・特別研究員を務めている。身長178センチ、体重105キロ[2]

評論家の宮崎哲弥とは慶應大学時代の同級生で、宮崎は徳川のことを「私の大学時代の親友」としている(『M2』)。

経歴[編集]

小学1年生から3年生までをアメリカで過ごす[2]。その後、学習院高等科に進学、在学中は文芸部に所属していた。

その後慶應義塾大学経済学部卒業を経て、米ミシガン大学で経済学修士号を取得する。財団法人国際開発高等教育機構(FASID)、国際連合食糧農業機関(FAO)のローマ本部、ベトナムハノイ)支部に勤務し、その後コロンビア大学大学院政治学研究科を修了し、政治学修士号を取得(国際関係論)。2001年に帰国する。

1997年頃、FAOベトナム支部勤務時代に11歳下のベトナム人女性と知り合い、恋仲となる[2]。早々にこの女性との結婚を決意し、2001年に日本へ帰国[2]2006年頃、両親は猛反対したが意を曲げずこの女性と婚姻した[2]

2012年10月、政策フォーラム「日本の選択」の設立に参加し、座長となる[3]

翻訳・執筆活動のほかに、新聞、雑誌など各メディアで、評論活動も展開している。

発言ほか[編集]

著書[編集]

  • バブルの興亡 日本は破滅の未来を変えられるのか(講談社BIZ、2009年)
  • 自分を守る経済学(ちくま新書、2010年)
  • なぜ日本経済が21世紀をリードするのか ポスト「資本主義」世界の構図(NHK出版新書、2012年)
  • マルクスを読みなおす(筑摩選書、2014年)

日本語訳書[編集]

  • 新上海(パメラ・ヤツコ、集英社インターナショナル、2003年)
  • 戦争で儲ける人たち ブッシュを支えるカーライル・グループ(ダン・ブリオディ、幻冬舎、2004年)
  • ドル暴落から、世界不況が始まる(リチャード・ダンカン、日本経済新聞社、2004年)
  • ワイルドグラス 中国を揺さぶる庶民の闘い(イアン・ジョンソン、日本放送出版協会、2005年)
  • 新・世界戦争論 アメリカは、なぜ戦うのか(ジョージ・フリードマン、日本経済新聞出版社、2005年)
  • 「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史(ウィリアム・バーンスタイン、日本経済新聞出版社、2006年)
  • マネー中毒 「もうお金に振り回されない」劇的回復法(ロン・ガレン、光文社ペーパーバックス、2006年)
  • ラスト・ブレス 死ぬための技術(ピーター・スターク、講談社文庫、2007年)
  • ヒトラー・マネー(ローレンス・マルキン、講談社、2008年)
  • 中国 危うい超大国(スーザン・L・シャーク、日本放送出版協会、2008年)
  • 暗殺の政治史 権力による殺人の掟(リチャード・ベルフィールド、扶桑社、2008年)
  • ジョブズはなぜ天才集団を作れたか(ジェフリー・L・クルークシャンク、講談社、2008年)
  • ソロスは警告する 超バブルの崩壊=悪夢のシナリオ(ジョージ・ソロス、講談社、2008年)
  • ソロスは警告する2009 恐慌へのカウントダウン(ジョージ・ソロス、講談社、2009年)
  • グリーン・ゾーン(ラジブ・チャンドラセカラン、集英社インターナショナル、2010年2月)
  • ソロスの講義録 資本主義の呪縛を超えて(ジョージ・ソロス、講談社、2010年6月)
  • 最強国の条件(エイミー・チュア、講談社、2011年5月)
  • 混乱の本質 叛逆するリアル 民主主義・移民・宗教・債務危機(ジョージ・ソロス、トニー・ブレア他、土曜社、2012年8月)
  • 訣別 ゴールドマン・サックス(グレッグ・スミス、講談社、2012年10月)
  • 日本政治の大転換 「鉄とコメの同盟」から日本型自由主義へ(フランシス・ローゼンブルース、マイケル・ティース、勁草書房、2012年12月)
  • 大いなる探求(上) 経済学を創造した天才たち(シルヴィア・ナサー、新潮社、2013年6月)
  • 大いなる探求(下) 人類は経済を制御できるか(グレッグ・スミス、新潮社、2013年6月)

英訳書[編集]

補注[編集]

  1. ^ 徳川家末裔が明かす細川家と小泉家の奇妙な縁dot.(ドット) 週刊朝日 2014年2月7日号
  2. ^ a b c d e 週刊新潮』2007年9月20日号pp.44-45「両親は猛反対「ベトナム人女性」と結婚した徳川家19代」
  3. ^ 木内たかたねブログ 2012-10-26 政策フォーラム「日本の選択」を設立しました。
  4. ^ 徳川家広ブログ 2009-11-29 ゾンビ映画今昔

外部リンク[編集]