鷹司政煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹司 政熙(たかつかさ まさひろ、宝暦11年4月10日1761年5月14日) - 天保12年2月7日1841年3月29日))は、江戸時代中期の公家藤氏長者従一位関白

系譜[編集]

父は閑院宮直仁親王の第四王子で、鷹司基輝養子となって藤原姓鷹司家を継承した鷹司輔平。母は長州藩毛利重就の娘・文子(惟保局)。

兄妹に徳大寺実堅、昌子(伏見宮邦頼親王妃)、富子(有栖川宮織仁親王妃)、興姫(仙台藩伊達斉村室)。正室徳島藩主・蜂須賀重喜の娘・儀子側室に豊岡斐子と井上梅。東山天皇は曽祖父。

ほか

略歴[編集]