近衛信尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近衞 信尋(このえ のぶひろ、慶長4年5月2日1599年6月24日) - 慶安2年10月11日1649年11月15日))は、江戸時代前期の公家藤氏長者官位従一位関白。幼称は二宮。法号は応山。

生涯[編集]

慶長4年(1599年)5月2日、後陽成天皇の第四皇子。八條宮智仁親王の甥。幼称は二宮(にのみや)。母は近衛前久の娘・前子。母方の伯父・近衛信尹の養子となる。

慶長10年(1605年)、元服正五位下に叙せられ、昇殿を許される。慶長11年(1606年)5月28日、従三位に叙せられ、公卿に列する。慶長12年(1607年)に権中納言、慶長16年(1611年)に権大納言、慶長17年(1612年)には内大臣となる。

慶長19年(1614年)右大臣に進み、元和6年(1620年)には左大臣、元和9年(1623年)には関白に補せられる。

和歌に極めて優れ、叔父であり桂離宮を造営した八條宮智仁親王と非常に親しく、桂離宮における交流は有名である。

正保2年(1645年)3月11日、出家応山(おうざん)と号する。慶安2年(1649年)10月11日薨去、享年51。近衛家菩提寺・京都大徳寺に葬られた。法名は本源自性院応山大云。

人物・逸話[編集]

  • 近衛前久や信尹の文化人としての資質を受け継ぎ、諸芸道に精通した。書道は養父信尹の三藐院流を継承し、卓越した能書家だった。
  • 茶道古田重然に学び、連歌も巧みだった。実兄にあたる後水尾天皇を中心とする宮廷文化・文芸活動を智仁親王、良恕法親王一条昭良らとともに中心的人物として担った。また、松花堂昭乗などの文人と宮廷の橋渡しも行っていた。
  • 六条三筋町(後に嶋原に移転)一の名妓・吉野太夫灰屋紹益と競った逸話でも知られる。太夫が紹益に身請けされ、結婚した際には大変落胆したという話が伝わっている。

系譜[編集]

関連項目[編集]