九条経教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九条 経教(くじょう つねのり、元弘元年/元徳3年(1331年) - 応永7年5月21日1400年6月13日))は、南北朝時代公家関白二条道平の子で関白九条道教の養子となった。官位従一位関白左大臣

経歴[編集]

1335年建武2年)に元服し、翌1336年(建武3年・延元元年)に侍従に任じられた。1338年暦応元年・延元3年)北朝方の公家として従三位に叙せられ、1341年(暦応4年・興国2年)権中納言に任じられる。その後権大納言を経て、1347年貞和3年・正平2年)右大臣1349年(貞和5年・正平4年)左大臣、1358年延文3年・正平13年)関白と昇任し、藤氏長者となる。1360年(延文5年・正平15年)左大臣を辞し、翌1361年(康安元年・正平16年)には関白も辞任している。1395年(応永2年)足利幕府3代将軍足利義満出家とともに経教も出家した。法名は祐円。

系譜[編集]

    • 猶子:孝信(?-1404) - 鷹司冬通の子[3]
    • 猶子:孝尋(1359-1428) - 鷹司冬通の子

脚注[編集]

  1. ^ 『二尊院志稿』
  2. ^ 『系図纂要』
  3. ^ 『大乗院門跡次第』『諸門跡伝』