九条師教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
九条師教
Kujō Moronori.jpg
九条師教像(三の丸尚蔵館蔵『天子摂関御影』より)
時代 鎌倉時代後期
生誕 文永10年5月27日1273年6月13日
死没 元応2年6月7日1320年7月13日
別名 己心院、浄土寺
官位 摂政左大臣従一位
主君 後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇
後二条天皇花園天皇後醍醐天皇
氏族 藤原北家摂関流九条家
父母 父:九条忠教、母:西園寺公相
兄弟 師教房実、基教、尊覚、教寛、
亀山天皇皇女守良親王
房実道教、覚尊
テンプレートを表示

九条 師教(くじょう もろのり)は、鎌倉時代後期の公卿関白九条忠教の一男で、母は西園寺公相の女。正室は亀山天皇皇女(欠名)で、子に道教・覚尊(興福寺別当)がいる他、実弟房実養子とした。号は己心院浄土寺


経歴[編集]

弘安4年(1281年)1月従五位上に初叙、禁色を聴される。次いで侍従左近衛権中将などを経て、同8年(1285年)3月従三位に叙されて公卿に列した。正応元年(1288年)9月権中納言、同3年(1290年)1月左衛門督、6月権大納言を歴任し、同5年(1292年)12月橘氏是定宣下を受けた。同6年(1293年)1月には上首5人を超越して内大臣に任じられる。さらに永仁4年(1296年)12月右大臣に転じ、同5年(1297年)12月左近衛大将を兼ねるも、翌年4月大将を辞任。正安元年(1299年)4月左大臣、同2年(1300年)1月従一位に叙任され、同3年(1301年)8月富仁親王(後の花園天皇)が立太子すると、その東宮傅に補された。嘉元3年(1305年)4月後二条天皇より関白宣下を受け、藤氏長者となり、徳治2年(1307年)2月太政大臣の上に列せられる。延慶元年(1308年)8月花園天皇の践祚に際して、摂政に補されたが、同年11月辞任した。元応2年(1320年6月7日薨去享年48[1]

歌人としては、嘉元元年(1303年)の『嘉元百首』に詠進し、『新後撰和歌集』以下の勅撰集に15首入る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『花園天皇宸記』同日の条には、大才人であり漢籍の才に富み賢く、廉直の人である、と評している。何度も摂関に還補するよう打信があっても固辞し続けた、とある。


参考文献[編集]