鷹司信房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹司 信房(たかつかさ のぶふさ、永禄8年10月25日1565年11月17日) - 明暦3年12月15日1658年1月18日))は安土桃山時代から江戸時代にかけての公卿。父は二条晴良。母は伏見宮貞敦親王王女の位子継室佐々輝子。兄弟に九条兼孝二条昭実義演、子に鷹司信尚松平信平鷹司孝子徳川家光正室)らがいる。従一位

略歴[編集]

天正7年(1579年)、"天下人"織田信長の勧めにより、鷹司忠冬の死により断絶していた鷹司家の名跡を継いで、これを再興させた[1](名前)の「信」の字は信長から1字を賜ったものと考えられる。従一位1589年(天正17年)1月6日叙)。内大臣1606年)、左大臣1606年 - 1608年)、関白1606年 - 1608年)などを歴任。明暦3年(1657年薨去

脚注[編集]

  1. ^ 『日本人名大辞典』(講談社)より。こちらを参照。