鷹司教平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹司 教平(たかつかさ のりひら、慶長14年1月10日1609年2月14日) - 寛文8年10月3日1668年11月7日))は江戸時代公卿。父は鷹司信尚。母は後陽成天皇第三皇女清子内親王。正室は文智女王側室冷泉為満の娘がいる。子に鷹司房輔九条兼晴鷹司信子徳川綱吉正室)、鷹司房子霊元天皇中宮)、俊海(九条兼晴猶子)らがいる。号は一致院。一字名は雲・謙・公。権大納言左大将従一位1655年承応4年)1月29日叙)。

略歴[編集]

慶長14年(1609年)に鷹司信尚の子として生まれる。内大臣1632年)、右大臣(1632年 - 1640年)、左大臣(1640年 - 1641年)などを歴任。寛文8年(1668年)薨去。

なお、18世紀初期には近衛家以外の摂関家の全ての当主が教平の男系の孫(鷹司兼熙一条兼香九条輔実二条綱平)が占めていた時期がある。