鷹司平通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鷹司 平通(たかつかさ としみち、1923年(大正12年)8月26日 - 1966年(昭和41年)1月27日)は鉄道研究家。日本交通公社交通博物館調査役。五摂家の一つだった鷹司家の27代目当主。

生涯[編集]

1950年(昭和25年)、和子との結婚式

東京都出身。公爵鷹司信輔の嗣子。17歳のとき、大政翼賛会の公募に応じて会歌「大政翼賛の歌」を応募し、入選する[1]

1941年(昭和16年)に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。大阪理工科大学(現・近畿大学)を卒業

1950年(昭和25年)5月20日、東京高輪の光輪閣にて孝宮和子内親王昭和天皇の第三皇女)と結婚。華族制廃止以後のため鷹司家は一般人の扱いであり、そのため天皇家から一般家庭への初の嫁入りとされ、民主化の象徴として話題になった。

幼時より大の鉄道好きとして知られ、交通博物館に勤務する傍ら鉄道の研究を行い、特に『鉄道物語』(サンケイ新聞出版局1964年)は名著として知られる。鉄道友の会の世話役も務めた。

1966年(昭和41年)1月26日から行方不明になっていたが、28日に遺体が発見された(後述)。享年42。和子夫人との間には子がなかったため、大給松平家から養子尚武を取った。

大政翼賛の歌の他に、各地の小中学校の校歌も作曲している。

死去について[編集]

1966年(昭和41年)1月26日台東区上野公園国立美術館にて17世紀フランス名画展に出席。同日夜、銀座のバー“いさり火”に飲みに出かけ、同店のマダム(39歳)を渋谷区千駄ヶ谷の彼女の自宅マンション(当時の鷹司邸から徒歩圏)に送り届けてそのまま家に戻らなかったため、1月28日夕方、交通博物館が警察捜索願を提出した。

1月28日夕方、マダムの自宅マンションにて、彼女と共に死去しているところを発見された。推定死亡時刻は1月27日午前1時から午前5時。同日午後6時に警察は宮内庁に連絡を取り、宮内庁の連絡から和子夫人が平通の死去を知った。29日午前0時に宮内庁から死去が発表された。和子夫人は取り乱すほどの大きなショックを受け、娘の身を案じた昭和天皇入江相政侍従を鷹司邸へ直ちに派遣[2]。その後、天皇・皇后をはじめ皇族や親族が相次いで弔問に訪れた。

結婚時に注目を集めたことに加え、鉄道通の実直な人物と知られていただけに、死去は世間の関心を集め、1966年1月29日付・1月30日付『ニューヨーク・タイムズ』『ザ・タイムズ』でも1面や2面で大きく報じられた。29日夕方までに警察はストーブの不完全燃焼による一酸化炭素中毒での事故死と判断した。

日本のマスメディアでは『毎日新聞』が「鷹司平通氏が事故死」とだけ見出しに書いて報じるなど、いずれも控えめな扱いであり、『毎日新聞』のデスクは2人が「素っ裸にガウン」の姿だったと認めつつ「皇室に対するエチケット」として「トップで扱うべきではない、と判断した」と述べた[3]。また、三大紙では『朝日新聞』『毎日新聞』が事故死と報じたのに対し、『読売新聞』は「変死」と報じた[3]。『週刊新潮』もまた「「事故死」を証明するものは何もない」と報じ、死因についても「問題のガスストーブを警視庁から借りてきて、テストしたんですが、不完全燃焼ということはなかった」「事故の起こった部屋の広さと換気率を計算に入れると、そう簡単にガスの不完全燃焼が生じるとは思えない」との東京ガス広報室長の発言を伝えている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 1941年3月2日 朝日新聞「「翼賛の歌」当選曲決る 中学生に栄冠/当選は鷹司公令息」
  2. ^ 1966年1月29日 読売新聞「あわただしい鷹司家 入江侍従ら急行」
  3. ^ a b c 『週刊新潮』1966年2月12日号「鷹司氏事故死の報道態度 NHKからニューヨーク・タイムスまで」

関連項目[編集]