入江相政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いりえ すけまさ
入江 相政
生誕 1905年6月29日
日本の旗 日本 東京府東京市麻布区西麻布(現・東京都港区西麻布)
死没 1985年9月29日(満80歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文学部
職業 侍従長(1969-1985)
配偶者 入江君子
父:入江為守子爵
母:入江信子
受賞 従二位勲一等瑞宝章紺綬褒章イタリア共和国功労勲章カヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ
テンプレートを表示

入江 相政(いりえ すけまさ、1905年明治38年)6月29日 - 1985年昭和60年)9月29日)は、日本歌人随筆家である。藤原定家の子孫で、昭和天皇侍従長を務めたことでも知られている。堂上華族入江家出身で、冷泉家の一族。

東京府東京市麻布区西麻布(現・東京都港区西麻布)出身。従二位勲一等瑞宝章紺綬褒章・賞杯。歌人・柳原白蓮の甥であり、元岩崎勝商事社長・岩崎勝太郎は相政の義弟にあたる。

略歴[編集]

栄典[編集]

主な著作[編集]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『宮中歳時記』(TBSブリタニカ、1979年4月、角川文庫 1985年、小学館文庫 2002年
  • 『宮中侍従物語』(TBSブリタニカ、1980年4月、角川文庫 1985年)
  • 『宮中門前学派』(TBSブリタニカ、1981年4月)

関連項目[編集]

  • 御子左家 - 入江家は御子左家(藤原北家の末裔)の庶流・冷泉家の支流にあたる。
  • 岩崎家 - 入江相政の妻・君子の実家で三菱の創業者一族。

外部リンク[編集]

先代:
稲田周一
侍従長
1969年 - 1985年
次代:
徳川義寛