一条内基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一条 内基(いちじょう うちもと[1]天文17年(1548年) - 慶長16年7月2日1611年8月9日))は、戦国時代後期から江戸時代初期にかけての公家である。本能寺の変が起きた時の関白藤原北家摂関家一条家当主。号は自浄心院・翫月など。一字名は杏。

生涯[編集]

天文17年(1548年)、関白一条房通の次男として生まれる。19歳離れた兄・兼冬の死により家督を嗣ぐ。弘治4年(1558年元服正五位下に叙され、永禄3年(1560年)には従三位に進んだ。永禄8年(1565年)には権大納言となり、天正元年(1573年)には正二位に昇った。同年、分家土佐一条氏一条兼定を訪れ、土佐国へ逗留。同年兼定が隠居すると、代わって当主となった兼定の子・万千代の元服を執り行い、偏諱(「内」の1字)を与えて「一条内政[1]」と名乗らせるとともに、左近衛中将に推挙した。天正3年(1575年)帰洛、内大臣に任ぜられる。

天正4年(1576年)に右大臣、同5年(1577年)には左大臣と昇進を重ね、天正9年(1581年)には正親町天皇の関白、藤氏長者となった。翌年には従一位に昇る。天正12年(1584年)に左大臣・関白を辞し、二条昭実に譲る(翌年近衛信輔との間で関白相論となり、結局豊臣秀吉が関白となる)。

子に恵まれなかったため、後陽成天皇の皇子・九宮を養子とし(一条昭良)、一条家を嗣がせた(これにより一条家は皇別摂家となる)。慶長16年(1611年)、薨去。享年64。

官職位階履歴[編集]

偏諱を与えた人物[編集]

  • 一条[1] - 土佐一条氏当主。「内」の字を受けた経緯は前述の通りである。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 名の読みは「うちもと」と思われるが、土佐滞在中に偏諱を与えた内政の名の読みは「ただまさ」である。